Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

MPLS と LSP のパケットと運用のトレース

 

MPLS と LSP のパケットと運用をトレースするにtraceoptionsは、以下のステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

MPLS traceoptionsステートメントでは、以下の MPLS 固有のフラグを指定できます。

  • all—すべての操作をトレースします。

  • connection—すべての回線クロスコネクト (CCC) 活動を追跡します。

  • connection-detail—詳細な CCC 活動を追跡します。

  • cspf—CSPF の計算をトレースします。

  • cspf-link—CSPF 計算中に参照したトレースリンク

  • cspf-node—CSPF 計算中にアクセスしたトレースノードです。

  • error—MPLS エラー条件を追跡します。

  • graceful-restart—MPLS の正常な再起動イベントを追跡します。

  • lsping—トレース LSP ping パケットとリターンコード。

  • nsr-synchronization—無着陸のルーティング (NSR) 同期イベントを追跡します。

  • nsr-synchronization-detail—NSR 同期イベントの詳細をトレースします。

  • state—すべての LSP 状態遷移をトレースします。

  • static—トレーススタティックラベルスイッチパス

cspfオプションを使用して MPLS LSP を追跡するようにトレースオプションを設定すると、cspf ログには、汎用 MPLS “” (GMPLS) という用語を使用して MPLS LSP に関する情報が表示されます。たとえば、CSPF ログのメッセージは、リンクが“GMPLS の制約”にパスすることを示す場合があります。一般化された MPLS (GMPLS) は MPLS のスーパーセットであるため、このメッセージは正常であり、適切な MPLS LSP 運用に影響を及ぼすことはありません。

トレースおよびグローバルトレースオプションの一般的な情報についてJunos OS Routing Protocols Library for Routing Devicesは、『』を参照してください。