Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

MPLS 信号を受信する Lsp 用に受信ルーターを構成する

 

MPLS 信号付きラベルスイッチパス (Lsp) は、特定の受信ルーターから特定の送信ルーターへと実行されます。基本的な MPLS シグナルによる LSP 機能については、受信ルーターを構成する必要がありますが、他のルーターを構成する必要はありません。

シグナルの Lsp を構成するには、受信ルーターで以下のタスクを実行します。

名前付きパスの作成

シグナルの Lsp を構成するには、まず受信ルーターで1つ以上の名前付きパスを作成する必要があります。パスごとに、パスの一部またはすべての通過ルーターを指定することも、空のままにしておくこともできます。

各パス名には最大32文字を使用でき、文字、数字、ピリオド、ハイフンを含めることができます。この名前は受信ルーター内で一意である必要があります。名前付きパスが作成されたら、名前付きパスをprimary or secondaryステートメントで使用して、 [edit protocols mpls label-switched-path label-path-name]階層レベルで lsp を構成できます。任意の数の Lsp で同じ名前付きパスを指定できます。

RSVP セッションで、LSP がプライマリまたはセカンダリのパスに関連付けられているかshow rsvp session detailどうかを確認するには、コマンドを発行します。

空のパスを作成するには、以下の形式のpath文を含めて、名前付きパスを作成します。この形式のpath文は空であり、入口ルーターとアウトルータ間のすべてのパスが受け入れられることを意味します。実際には、使用されるパスは、その後、宛先ベースのベストエフォート型トラフィックが続くパスと同じである傾向があります。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit protocols mpls]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols mpls]

パスにパスを作成するには、次の形式のpath文を含め、各ルーターに1つずつアドレスを指定します。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit protocols mpls]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols mpls]

このpath文の形式では、1つ以上のルーターアドレスを通過するように指定します。受信/送信ルーターの指定は必須ではありません。各通過ルーターのアドレスまたはホスト名を指定できますが、そのタイプがloose該当する場合でも、各伝送ルーターをリストする必要はありません。受信ルーター (オプション) または1つ目の伝送ルーターから順にアドレスを指定し、送信ルーター (オプション) またはルーターの直前まで順番に継続します。ルーターホップごとに1つのアドレスのみを指定する必要があります。1つのルーターに複数のアドレスを指定した場合は、最初のアドレスのみが使用されます。その他のアドレスは無視され、切り捨てられる。

ルーターアドレスごとにタイプを指定します。以下のいずれかになります。

  • strict—値前のルーターからこのルーターへのルートはダイレクトパスであり、他のルーターを含めることはできません。インターフェイスaddressアドレスの場合、このルーターは、受信インターフェイスが指定されたものであることも確認します。受信インターフェイスが指定されたものであることを確認することは、前のルーターとこのルーターの間にパラレルリンクがある場合に重要です。また、リンク単位でルーティングを適用することもできます。

    厳密なアドレスの場合は、構成しているルーターの直前のルーターがそのルーターに直接接続されていることを確認する必要があります。このアドレスはループバックインターフェースのアドレスでもかまいません。その場合、受信インターフェースはチェックされません。

  • loose—以前のルーターからこのルーターへのルートは、直接パスである必要はありません。また、他のルーターを含めることも、任意のインターフェイスで受信することもできます。アドレスには、任意のインターフェイスアドレスまたはループバックインターフェイスのアドレスを指定できます。

\N 名前付きパスの作成

パスto-hastingsを設定し14.1.1.1て、受信ルーターから出てくる出口から、その順番で、、 13.1.1.112.1.1.1、そして11.1.1.1、その順で、完全に strict パスを指定します。指定したもの以外に中間ルーターがあってはなりません。ただし、送信ルーターの間11.1.1.1に中間ルーターがある場合は、送信ルーターが明示的にpath記載されているわけではありません。送信前に中間ルーターを防止するには、送信ルーターをstrict種類を使用して最後のルーターとして構成します。

ルーター alt-hastings14.1.1.1間の任意の数の中間ルーターを許可するパスを作成11.1.1.1します。さらに、中間ルーターは、送信11.1.1.1ルーター間で許可されています。

運命共有を使用した代替バックアップパスの構成

プライマリパスが不安定になった場合に、1つまたは複数のバックアップパスの計算に使用される、制約された最短パスによって初めて実行される情報のデータベースを作成できます。このデータベースには、ルーターやリンクなど、ネットワークの要素間の関係が記述されています。これらのネットワーク構成要素は同じ運命を共有するので、この関係は運命共有と呼ばれます。

バックアップパスを構成することで、プライマリパスを使用して共有リンクとファイバパスの数を最小限に抑えることができます。ファイバーが切断されても、最小限のデータが失われ、宛先へのパスが存在することを保証します。

バックアップパスを最適に機能させるには、リンクまたは物理ファイバーパスをプライマリパスと共有してはなりません。これにより、単一障害点がプライマリおよびバックアップパスに同時に影響を与えないことが保証されます。

以下のセクションでは、運命共有を設定する方法と CSPF に与える影響について説明し、運命共有の構成例を示します。

運命共有の設定

運命共有を設定するにはfate-sharing 、以下のステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

各運命共有グループには、最大32文字までの名前を指定し、文字、数字、ピリオド (.)、ハイフン (-) を含めることができます。最大 512 グループを定義できます。

運命共有グループには、以下の3種類のオブジェクトが含まれています。

  • リンクの各エンドの IP—アドレスによって識別されるポイントツーポイントリンク。通常、番号なしポイントツーポイントリンクは、他のインターフェイスから IP アドレスを借りて識別されます。順序は重要ではありません。from 1.2.3.4 to 1.2.3.5同じfrom 1.2.3.5 to 1.2.3.4意味を持ちます。

  • ポイントツーポイント以外のリンク—には、LAN インターフェイス (ギガビットイーサネットインターフェイスなど) または非ブロードキャストマルチアクセス (NBMA) インターフェイス (非同期転送モードの [ATM] またはフレームリレー) のリンクが含まれています。これらのリンクは、個別のインターフェイスアドレスによって識別されます。たとえば、LAN インターフェイス192.168.200.0/24に4つのルーターが接続されている場合、各ルーターリンクは個別に識別されます。

    住所は任意の順序で列挙できます。

  • 構成済みルーター—ID によって識別されるルーターノード。

グループ内のすべてのオブジェクトは、特定の類似点を共有します。たとえば、同じファイバーコンジットを共有するすべてのファイバーのグループ、同じファイバーを共有するすべての光チャネル、同じ LAN スイッチに接続するすべてのリンク、同じ電源を共有するすべてのデバイスなどを定義できます。すべてのオブジェクトは/32 ホストアドレスとして扱われます。

グループを意味のあるものにするには、少なくとも2つのオブジェクトが含まれている必要があります。0または1つのオブジェクトでグループを構成できます。これらのグループは、処理中は無視されます。

1つのオブジェクトには任意の数のグループを指定でき、グループには任意の数のオブジェクトを含めることができます。各グループには、このグループが CSPF 計算に与える影響のレベルを表す設定可能なコストがあります。コストが高いほど、グループ内のオブジェクトのプライマリパスがバックアップパスと共有される可能性が低くなります。コストは、トラフィックエンジニアリングメトリックに直接匹敵します。デフォルトでは、コストは1に設定されています。運命共有データベースを変更しても、次回の CSPF の最適化が完了するまで、確立された Lsp には影響を与えません。運命共有データベースは、高速再ルーティング計算に影響を及ぼします。

CSPF に対する影響

CSPF が LSP (プライマリパスがアクティブでない場合はセカンダリパス) のプライマリパスを計算すると、運命共有情報が無視されます。プライマリパスの最適なパス (最小 IGP コスト) はいつでも確認したいと考えています。

CSPF がセカンダリパスを計算したときに (同じ LSP の) プライマリパスがアクティブになると、以下のことが行われます。

  1. CSPF は、プライマリパスに関連付けられたすべての運命共有グループを識別します。CSPF では、プライマリパスが1つ以上のリンクまたはノードを含むグループリストを走査してコンパイルするすべてのリンクとノードが識別されます。CSPF では、検索で受信および送信ノードが無視されます。

  2. CSPF は、トラフィックエンジニアリングデータベースの各リンクを、コンパイルされたグループリストに対してチェックします。リンクがグループのメンバーである場合、リンクのコストはグループのコストによって増加します。リンクが複数のグループのメンバーである場合は、すべてのグループコストが一緒に追加されます。

  3. CSPF は、受信/送信ノードを除く、トラフィックエンジニアリングデータベース内のすべてのノードのチェックを実行します。繰り返しますが、1つのノードは複数のグループに所属しているため、コストが加算されます。

  4. ルーターは、調整されたトポロジを使用して、通常の CSPF 計算を実行します。

バイパス Lsp を使用して共有する場合の CSPF への影響

運命共有がリンク保護またはリンクノード保護で有効になっている場合、CSPF は、バイパス LSP パスを計算する際に以下のように動作します。

  • CSPF は、プライマリ LSP パスに関連付けられている運命共有グループを識別します。CSPF は、バイパスが保護しようとしている即時ダウンリンクと即時ダウンストリームノードを特定することでこれを実現します。CSPF では、即時下流リンクと即時ダウンストリームノードを含むグループリストがコンパイルされます。

  • CSPF は、トラフィックエンジニアリングデータベース内の各リンク (受信からイミディエイトダウンノードまで) をコンパイル済みのグループリストに対してチェックします。リンクがグループのメンバーである場合、リンクのコストはグループのコストによって増加します。

  • CSPF は、運命-共有パスにないダウンリンクを識別します。

この計算によって、代替案が利用可能になった場合に、プライマリ LSP パスと同じ物理リンクを使用することはできません。

例:運命共有の設定

運命共有グループeastとをwest構成します。でwestはオブジェクトが存在しないため、処理中に無視されます。