Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

Lsp の帯域幅サブスクリプションの割合の設定

 

デフォルトでは、すべてのクラスタイプ’s の帯域幅 (100%) を rsvp 予約に使用することができます。Multiclass LSP に対してクラスタイプをオーバーサブスクライブすると、すべての RSVP セッションの総需要が、クラスタイプの実際の容量を超えることを許可されます。

同じ割合の帯域幅を使用して、インターフェイス上のクラスタイプをすべてオーバーサブスクライブまたは過少サブスクライブする場合は、 subscriptionステートメントを使用して割合を設定します。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、「ステートメントの概要」セクションを参照してください。

各クラスタイプの帯域幅を過少サブスクライブしたりオーバーサブスクライブしたりするにはct0ct1ct2ct3subscriptionステートメントの各クラスタイプ (、、、、) オプションにパーセンテージを設定します。クラスタイプをオーバーサブスクライブすると、LOM が適用されて、予約済みの実際の帯域幅を計算します。詳細についてはClass Type Oversubscription and Local Oversubscription Multipliers参照してください。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、「ステートメントの概要」セクションを参照してください。

percentageRSVP が予約に使用できるクラスタイプの帯域幅の割合です。0 ~ 65000% の値にすることができます。100よりも大きい値を指定した場合、インターフェイスまたはクラスタイプのオーバーサブスクリプションが実行されます。

クラスタイプをオーバーサブスクライブするときに設定した値は、クラスタイプの帯域幅のうち、実際に使用可能なものの割合です。デフォルトのサブスクリプション値は 100% です。

このステートメントを使用subscriptionして、1つまたは複数のクラスタイプの新しい RSVP セッションを無効にすることができます。0の割合を設定した場合、新しいセッション (帯域幅を必要としないものを含む) はクラスタイプに許可されます。

既存の RSVP セッションは、サブスクリプションファクターの変更による影響を受けません。既存のセッションをクリアするにはclear rsvp session 、コマンドを発行します。このclear rsvp sessionコマンドの詳細については、 CLI Explorerを参照してください。

帯域幅サブスクリプションの設定に関する制約

帯域幅サブスクリプションを設定する際には、以下の問題に注意してください。

  • 帯域幅の[edit class-of-service interface interface-name]制約を階層レベルで設定した場合、Diffserv TE の[edit protocols rsvp interface interface-name bandwidth]階層レベルで指定したすべての帯域幅構成が優先されます。また、CoS または RSVP の帯域幅の制限のどちらかによって、インターフェイスハードウェア帯域幅の制約が上書きされる可能性があることに注意してください。

  • すべてのインターフェイスに設定された値subscription[edit protocols rsvp interface interface-name][edit protocols rsvp interface all]は異なる特定のインターフェイスの帯域幅サブスクリプション値を構成する場合は (階層レベルでステートメントに異なる値を含めることで)、そのインターフェイスには、インターフェイス固有の値が使用されます。

  • 各クラスタイプにサブスクリプションを設定するには、帯域幅モデルも構成する必要があります。帯域幅モデルが設定されていない場合、コミット処理は失敗し、次のエラーメッセージが表示します。

    user@host# commit check
  • 特定のクラスタイプsubscriptionとインターフェイス全体の構成には、両方のステートメントを含めることはできません。コミット操作が失敗し、以下のエラーメッセージが表示されます。

    user@host# commit check