Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

RSVP Lsp 間でロードバランシングを設定する

 

デフォルトでは、複数の RSVP Lsp を同じ送信ルーターに設定している場合、メトリックが最小の LSP が選択され、すべてのトラフィックが伝送られます。すべての Lsp が同じメトリックを持つ場合、Lsp の1つがランダムに選択され、すべてのトラフィックがその中から転送されます。

また、パケットごとの負荷分散を可能にすることで、すべての Lsp のトラフィックをロードバランスで実行することもできます。

受信した LSP でパケットごとのロードバランシングを有効にするpolicy-statementには、以下のように文を設定します。

その後、この文をエクスポートポリシーとして転送テーブルに適用する必要があります。

パケット負荷分散が適用されると、トラフィックは Lsp 間で均等に分散されます (デフォルト)。

PFE の高速再ルーティングを有効にするには、パケットごとの負荷分散を設定する必要があります。PFE の高速再ルーティングを有効にpolicy-statementするには、このセクションに示されているパケットごとの負荷分散について、再ルーティングが発生する各ルーターの構成のステートメントを含めます。「Configuring Fast Reroute」も参照してください。

各 LSP に設定されている帯域幅の量に比例して、Lsp 間のトラフィックの負荷を分散することもできます。LSP に設定されている帯域幅は、通常、その LSP のトラフィック容量を反映しているため、この機能により、外部リンク全体で非対称帯域幅機能を持つネットワークにトラフィックをより効果的に分散できます。

RSVP LSP 負荷分散を構成するにはload-balance 、以下のbandwidthオプションを含むステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルで設定できます。

  • [edit protocols rsvp]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp]

load-balance文を使用する場合は、以下の点に注意してください。

  • load-balanceステートメントを設定した場合、現在実行中の lsp の動作は変更されません。現在、Lsp を強制的に実行して新しい動作を使用するにclear mpls lspは、コマンドを発行することができます。

  • このload-balanceステートメントは、パケットごとの負荷分散が有効になっている受信 lsp にのみ適用されます。

  • Lsp を設計–する差別化されたサービス認識トラフィックでは、すべてのクラスタイプの帯域幅を合計して lsp の帯域幅を計算します。