Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

FEC Deaggregation の設定

 

LDP 送信ルーターが複数のプレフィックスをアドバタイズする場合、プレフィックスは単一のラベルにバインドされ、1つの転送同値クラス (FEC) に集約します。デフォルトでは、LDP は広告がネットワークをトラバースする際に、このアグリゲーションを維持します。

通常、LSP は複数のネクストホップに分割されず、接頭辞は1つの LSP にバインドされていないため、コストの等しいパスでの負荷分散は発生しません。ただし、負荷分散ポリシーを構成し、FECs を統合すると、コストの異なるパス間でロードバランスを取ることができます。

FECs を集約すると、各プレフィックスが個別のラベルにバインドされ、個別の LSP になります。

Deaggregated ゲートを構成するには、 deaggregate以下のステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

すべての LDP セッションで、deaggregated ゲートされた FECs のみをグローバルに設定できます。

FEC を集約することによって、複数の同じコストのパス間で1つの lsp を分散させ、送信セグメントに複数の次ホップに Lsp を配信できます。また、LSP ごとには、次ホップをインストールする必要があります。

FECs を集約するにはno-deaggregate 、以下のステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

すべての LDP セッションで、集約された FECs のみをグローバルに構成できます。