Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

の LDP Lsp 用の BFD の設定

 

LDP Lsp に双方向フォワーディング検知 (BFD) を設定できます。BFD プロトコルは、ネットワーク内の障害を検知するシンプルな hello メカニズムです。Hello パケットは、指定された定期的な間隔で送信されます。近傍障害は、ルーターが指定された間隔の経過後に応答の受信を停止したときに検出されます。BFD は、多種多様なネットワーク環境やトポロジーと連携して動作します。BFD の障害検出タイマーは、静的ルートの障害検出メカニズムよりも短時間で実行されるため、より迅速な検知が可能です。

パスの BFD セッションが失敗した場合、エラーが記録されます。次の図は、LDP LSP ログメッセージの BFD がどのように表示されるかを示しています。

また、bfd を rsvp LspConfiguring BFD for RSVP-Signaled LSPsするの説明に従って、BFD の rsvp を設定することもできます。

BFD 障害検出タイマーは適応性が高く、積極的に緩和するように調整できます。たとえば、隣接関係に障害が発生した場合にタイマーはより高い値に適応します。または、近隣は、設定された値よりもタイマーに対して高い値をネゴシエートできます。BFD セッションフラップが15秒間隔で3回以上発生した場合、タイマーはより高い値に適応します。バックオフアルゴリズムは、ローカルの BFD インスタンスがセッションフラップの理由であれば、受信 (Rx) インターバルを2つ増やします。伝送 (Tx) 間隔は、リモート BFD インスタンスがセッションフラップの理由である場合、2つ増加します。このclear bfd adaptationコマンドを使用して、設定した値に bfd インターバルタイマーを返すことができます。clear bfd adaptationこのコマンドは、ルーティングデバイス上のトラフィックフローに影響を与えないことを意味しています。

BFD を LDP Lsp に対して有効にoamするbfd-liveness-detectionには、and ステートメントを含めます。

特定の転送同値クラス (FEC) に関連付けられた LDP Lsp のために BFD を有効にするにfecは、階層[edit protocols ldp]レベルのオプションを使用して FEC アドレスを設定します。または、運用管理と管理 (OAM) 受信ポリシーを設定して、FEC アドレス範囲の BFD を有効にすることもできます。詳細については、『 Configuring OAM Ingress Policies for LDP」を参照してください。

OAM 受信ポリシーを使用して、同等の FEC アドレスが明示的に設定されているか、FECs で OAM が有効になっている場合を除き、BFD の LDP Lsp を有効にすることはできません。BFD が FEC アドレスに対して有効になっていない場合、BFD セッションは起動しません。

以下の階層レベルoamでステートメントを設定できます。

  • [edit protocols ldp]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols ldp]

ACX シリーズルーターは、[edit logical-systems] 階層レベルをサポートしていません。

このoam文には、以下のオプションが含まれています。

  • fec—FEC アドレスを指定してください。FEC アドレスを指定するか、OAM 入口ポリシーを設定して BFD セッションが起動していることを確認しなければなりません。

  • lsp-ping-interval—LSP ping インターバルの期間を秒単位で指定します。LDP シグナル LSP に対して ping を発行するには、 ping mpls ldpこのコマンドを使用します。詳細については、 CLI Explorerを参照してください。

このbfd-liveness-detection文には、以下のオプションが含まれています。

  • ecmp—LDP は、指定された FEC に対して設定されたすべての ECMP パスに対して BFD セッションを確立することを可能にします。ecmpオプションを設定する場合は、指定されたperiodic-traceroute FEC のステートメントも設定する必要があります。これを行わないと、コミット処理が失敗します。特定の FEC ( periodic-tracerouteecmp[edit protocols ldp oam fec address bfd-liveness-detection]) のオプションのみを設定する[edit protocols ldp oam]だけで、グローバルな階層レベル () で明細書を設定できます。

  • holddown-interval—は、bfd セッションがルートまたは次ホップを追加する前に維持する必要がある期間を指定します。0秒の時刻を指定すると、BFD セッションが復帰すると同時に、ルートまたは次のホップが追加されます。

  • minimum-interval—最小送信および受信間隔を指定します。オプションを設定minimum-intervalする場合は、 minimum-receive-intervalオプションやminimum-transmit-intervalオプションを設定する必要はありません。

  • minimum-receive-interval—最小受信間隔を指定します。範囲は 1 ~ 255000 ミリ秒です。

  • minimum-transmit-interval—最小送信間隔を指定します。範囲は 1 ~ 255000 ミリ秒です。

  • multiplier—検知時刻の乗数を指定します。範囲は 1 ~ 255 です。

  • version—bfd のバージョンを指定します。オプションには、BFD バージョン0または BFD バージョン1があります。デフォルトでは、Junos OS ソフトウェアは自動的に BFD のバージョンを決定しようとします。