Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

LDP LSP で BFD セッションに失敗した場合の対処方法を設定します。

 

LDP LSP で BFD セッション失敗イベントが発生した場合に、ルートと next-hop プロパティを設定できます。障害イベントは、停止した BFD セッションの場合もあれば、BFD セッションになったこともあります。LDP は、関連する BFD セッションが復旧したときにルートまたは次ホップをバックアップします。

LDP LSP で BFD セッションに障害が発生したfailure-action場合、以下のいずれかの失敗アクションオプションを設定できます。

  • remove-nexthop—BFD セッションエラーイベントが検出された場合に、受信ノードで LSP のルートの次ホップに対応するルートを削除します。

  • remove-route—BFD セッションエラーイベントが検出されたときに、LSP に対応するルートを適切なルーティングテーブルから削除します。LSP が ECMP で設定されていて、任意のパスに対応する BFD セッションが停止している場合、ルートは削除されます。

LDP LSP で BFD セッション障害が発生した場合に失敗アクションを設定するには、以下remove-nexthopのいずれかremove-routeのオプションまたfailure-actionはオプションを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。