Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

Lsp の管理グループの設定

 

管理グループは、リンクカラーリングまたはリソースクラスとしても知られてい“ます”が、同じ色を持つリンクが概念的に同じクラスに属しているような、リンクの色を表す属性を手動で割り当てます。管理グループを使用して、さまざまなポリシーベースの LSP 設定を実装できます。

管理グループは、制約されたパス LSP 計算が有効になっている場合にのみ意味があります。

最大32の名前と値 (0 ~ 31 の範囲内) を割り当てることができます。これにより、一連の名前とそれに対応する値が定義されます。管理名と値は、単一ドメイン内のすべてのルーターで同一でなければなりません。

管理値は優先度とは異なります。priorityステートメントを使用して LSP の優先度を設定します。Configuring Priority and Preemption for LSPs参照してください。

管理グループを構成するには、以下の手順を実行します。

  1. 以下の文を含めることで、 admin-groups複数レベルのサービス品質を定義します。

    このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

    • [edit protocols mpls]

    • [edit logical-systems logical-system-name protocols mpls]

    次の構成例は、ドメインの一連の管理者の名前と値を設定する方法を示しています。

  2. インターフェイスが属する管理グループを定義します。1つのインターフェイスに複数のグループを割り当てることができます。以下のinterfaceようなステートメントが含まれています。

    このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

    • [edit protocols mpls]

    • [edit logical-systems logical-system-name protocols mpls]

    admin-groupステートメントが含まれていない場合、インターフェイスはどのグループにも属しません。

    IGPs は、グループ情報を使用してリンク状態パケットを構築します。これはネットワーク全体にあふれ、ネットワーク内のすべてのノードに情報を提供します。どのルーターでも、すべてのリンクの IGP トポロジと管理グループを利用できます。

    インターフェイス’の管理グループの変更は、新しい lsp にのみ影響します。ネットワークの安定性を維持するために、インターフェイス上の既存の Lsp は横取りまたは再計算されません。グループの変更によってclear rsvp session lsp を削除する必要がある場合は、コマンドを発行します。

    管理グループと拡張管理グループを1つのリンクとして設定する場合、そのインターフェイス上で管理グループのタイプを設定する必要があります。

  3. 管理グループ制約は、各 LSP またはプライマリまたはセカンダリ LSP パスごとに設定します。以下のlabel-switched-pathようなステートメントが含まれています。

    以下の階層レベルlabel-switched-pathのステートメントを含めることができます。

    • [edit protocols mpls]

    • [edit logical-systems logical-system-name protocols mpls]

    Or excludeステートメントを省略include-allinclude-anyすると、パス計算はそのまま続行されます。パス計算は、制約パス LSP 計算に基づいています。制約パス LSP の計算がどのように計算されるかについては、 How CSPF Selects a Pathを参照してください。

    LSP’の管理グループを変更すると、ルートの即時 recomputation が発生します。そのため、LSP が再ルーティングされる場合があります。