Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

構成グループを使用したデバイスの迅速な構成

 

構成グループは、同じ構成内で再利用される共通要素を設定して適用するために使用されます。

Junos OS 構成グループについて

このトピックでは、Junos OS の構成グループ機能と継承モデルの概要について説明します。

構成グループの概要

Junos OS の構成グループ機能を使用すると、設定文を含むグループを作成し、そのグループ’s 文を残りの構成で継承することができます。同じグループを構成のさまざまなセクションに適用することができ、1つのグループ’の構成文の異なるセクションを設定内のさまざまな場所で継承することができます。

構成グループを使用すると、より小規模で論理的に構築された構成ファイルを作成できるため、Junos OS の構成と維持が容易になります。たとえば、インターフェイスの設定時など、構成内の多くの場所で繰り返されるステートメントをグループ化し、その結果、グループだけに更新を制限することができます。

また、構成グループにワイルドカードを使用して、ワイルドカード式と一致する任意のオブジェクトによって構成データを継承することもできます。

構成グループメカニズムは、BGP グループなど、構成内の他の場所で使用されているグループ化メカニズムとは別になっています。構成グループは、構成全体で使用できますが、Junos OS CLI のみが知っている汎用的なメカニズムを提供します。構成によって指示されたアクションを実行する個々のソフトウェアプロセスは、構成の拡張形式を受け取ります。構成グループの知識はありません。

継承モデル

構成グループでは真の継承を使用しますが、これには構成データのソースと対象データのターゲットとの間の動的で継続的な関係が含まれます。構成グループ内で変更されたデータ値は、ターゲットによって自動的に継承されます。ターゲットには継承された情報を含める必要はありませんが、継承した値は継承元に影響を与えずにターゲットでオーバーライドできます。

この継承モデルでは、継承された詳細を確認することなく、インスタンス固有の情報だけを表示できます。設定モードでコマンドパイプを使用すると、継承されたデータを表示できます。

構成グループの設定

構成の各領域で設定ステートメントを継承するには、まず、ステートメントを構成グループに追加し、そのグループを、ステートメントを必要とする構成階層内のレベルに適用する必要があります。

構成グループと継承を構成するには、次groupsのように[edit]階層レベルのステートメントを含めることができます。

構成グループapply-groups [ group-names  ] に含まれる構成ステートメントが必要とされる構成の任意の場所にステートメントを含めます。

Junos OS 構成グループの作成

構成グループを作成するには、 groups次のよう[edit]に階層レベルのステートメントを追加します。

グループ名構成グループの名前です。複数group-nameのステートメントを指定することで、複数のコンフィギュレーショングループを設定できます。ただし、グループ名に接頭辞junos-を使用することはできません。 Junos OS が使用するために予約されているためです。同様に、設定グループjuniper-aisは Juniper 高度なインサイトソリューション (AIS) 関連の構成に対してのみ予約されています。の詳細については、 juniper-ais構成グループについては、ジュニパーネットワークス高度なインサイトソリューションガイド  を参照してください。

名前付け制限の理由の1つとjunos-defaultsして、の設定グループがあります。この事前設定された設定グループは、設定に自動的に適用します。構成グループをjunos-defaults変更または削除することはできません。

複数のルーティングエンジンをサポートするルーターでは、次の2つの特別なグループ名を指定することもできます。

  • re0—スロット 0 のルーティングエンジンに適用される構成ステートメント。

  • re1—スロット 1 のルーティングエンジンに適用される構成ステートメント。

構成に関するre0re1とケース senstive です。

Group re0で指定された設定は、現在のルーティングエンジンがスロット0にある場合にのみ適用されます。同様に、group re1で指定された設定は、現在のルーティングエンジンがスロット1にある場合にのみ適用されます。したがって、どちらのルーティングエンジンも、それぞれに適用される構成ステートメントのみを使用して、同じ設定ファイルを使用できます。各re0 グループ re1 には、少なくともホスト名と管理インターフェイス (fxp0) の設定が含まれています。各ルーティングエンジンが異なる管理インターフェイスを使用している場合、そのグループにはバックアップルーターと静的ルートの構成も含まれていなければなりません。

さらに、TX マトリクスルーターは、ルーティングマトリクスに接続された各 T640 ルーターのルーティングエンジンのグループ名をサポートします。ルーティングマトリクス内のすべてのルーティングエンジンに特別なグループ名を提供することで、各 T640 ルーターの個々のルーティングエンジンを別々に構成できます。[edit groups]階層レベルで構成されていないパラメーターは、ルーティングマトリクス内のすべてのルーティングエンジンに適用します。

configuration-data構成の別の場所にapply-groups文とともに適用される構成文が含まれます。構成が構成グループのステートメントを継承するようにするにはapply-groups 、ステートメントを含めます。.

TX マトリクスルーターのルーティングエンジンのグループ名は、以下のような形式になっています。

  • lccn-re0—指定された T640 ルーターのスロット0のルーティングエンジンに適用される構成ステートメント。

  • lccn-re1—指定された T640 ルーターのスロット1のルーティングエンジンに適用される構成ステートメント。

nT640 ルーターを識別し、0 ~ 3 を指定できます。たとえば、ルーティングエンジン1のlcc3プロパティを設定するには、 [edit groups lcc3–re1]階層レベルでステートメントを指定します。

TX マトリクスプラスルーター、T1600 または T4000 ルーターのルーティングマトリクスに使用される管理イーサネットインターフェイスとして、PTX シリーズパケットem0トランスポートルーターがあります。Junos OS では、’em0ルーター s 管理イーサネットインターフェイスが自動的に作成されます。

Junos OS 構成グループの適用

Junos OS 設定で構成グループのステートメントを継承するには、以下のapply-groupsステートメントを含めます。

複数のグループ名を指定する場合は、継承優先度の順にリストを表示します。最初のグループの設定データは、その後のグループのデータよりも優先されます。

複数のルーティングエンジンをサポートするルーターでは、 re0名前re1 の指定とグループ化を行うことができます。Group re0で指定された設定は、現在のルーティングエンジンがスロット0にある場合にのみ適用されます。同様に、group re1で指定された設定は、現在のルーティングエンジンがスロット1にある場合にのみ適用されます。したがって、どちらのルーティングエンジンも、それぞれに適用される構成ステートメントのみを使用して、同じ設定ファイルを使用できます。各re0グループre1には、少なくともホスト名と管理インターフェイス (fxp0) の設定が含まれています。各ルーティングエンジンが異なる管理インターフェイスを使用している場合、そのグループにはバックアップルーターと静的ルートの構成も含まれていなければなりません。

TX マトリクスプラスルーター、ルーティングマトリクスの T1600 ルーター、PTX シリーズパケットトランスポートスイッチに使用される管理イーサネットインターフェイスはem0、です。

構成階層の各レベルapply-groupsには、1つのステートメントのみを含めることができます。特定apply-groupsの階層レベルのステートメントには、包含文’s の構成グループのリストに追加する構成グループがリストされます。

特定の階層レベルで指定された値は、構成グループから継承した値を上書きします。

ネストapply-groupsされた文のグループは、外側の文でグループ全体を優先します。次の例では、BGP neighbor 10.0.0.1は、まずグループoneから、次に、グループtwothreeから構成データを継承しています。グループone内の設定データは、他のグループのデータを上書きします。グループからのデータtenステートメントが他のどのグループにも含まれていない場合にのみ使用されます。

ルートレベル—に対して定義されているグループを構成すると、デフォルトの–論理システムでは、そのグループを[edit logical-systems logical-system-name]階層レベル以下のデフォルト以外の論理システムに正常に適用できません。グループを適用すると、ルーターがコミットを受け入れることができますが、デフォルト以外の論理システムでは設定グループは有効になりません。代わりに、ルートレベルで追加の設定グループを作成して、論理システム内で適用することもできます。または、元のグループを変更して、デフォルトの論理システム階層レベルと非既定値である、両方の設定を含むようにすることもできます。

例:Junos OS 構成グループの作成と適用

この例では、SNMP 構成がグループbasicと通常の構成階層の間で分割されています。

システム固有の設定 (SNMP の連絡先) を設定グループに配置することにはいくつかのメリットがあります。これに—より、別のセクションのload replaceデータを廃棄せずに、(コマンドを使用して) 置き換えることができる通常の構成階層から分離することができます。

さらに、特定のボックスの連絡先を設定することができるようになりました。これは、グループデータがルーター固有のデータによって隠されるためです。

この設定は次のものと同等です。

例:TX マトリクス ルーター上での構成グループの作成と適用

次の例は、TX Matrix ルーター上で構成グループを構成して適用する方法を示しています。

Junos OS 構成グループの継承の無効化

階層の最上位レベル以外の任意のレベルで構成グループの継承を無効にするにapply-groups-exceptは、次のステートメントを使用します。

この明細書は、特定の階層apply-groupレベルで明細書を使用し、特定のパラメーターに対してコンフィギュレーショングループから継承された値を上書きする場合に便利です。

例:インターフェイスでの継承の無効化-1/1/0

以下の例では、 apply-groups文がインターフェイスレベルでグローバルに適用されています。このapply-groups-exceptステートメントは、 so-1/1/0 and hold-timeステートメントのlink-modeデフォルト値を使用するようにインターフェイスでも適用されます。

構成グループは構成データを継承できるため、ルーターによって使用される実際の値については紛らわしい場合があります。ルーターによって使用される実際の値を表示display inheritanceするには、 showコマンドでパイプ (|) の後にコマンドを使用します。このコマンドを実行すると、継承したステートメントのレベルと継承されたグループが表示されます。

# # 行を含まない拡張構成 (継承されたステートメントを含む設定) を表示するにexceptは、 showコマンドでパイプの後にコマンドを使用します。

このdisplay inheritance | except ##オプションを使用すると##、を使用してすべての行が削除されます。そのため、使用されている##パスワードやその他の重要なデータに関する情報を表示できない場合もあります。で##マークされたコメントだけを使用せずに、すべての情報を使用しno-commentsて完全なdisplay inheritance構成詳細を表示するには、次のコマンドでオプションを使います。

Junos 構成グループの使用

Junos OS には、ルーターの設定に自動的junos-defaultsに適用される、と呼ばれる非表示で変更不可の構成グループが用意されています。このjunos-defaultsグループには、一般的なアプリケーションの事前定義された値を含む構成済みのステートメントが含まれています。一部のステートメントは、アプリケーションの定義 (FTP や telnet 設定など) を有効にするために参照される必要があります。その他のステートメントは、ターミナルの設定など、自動的に適用されます。

junos-defaults設定グループに含まれる多くの識別子は、名前junos-で始まります。名前junos-で始まる識別子はジュニパーネットワークスで使用するために予約されているため、この名前を使用して構成オブジェクトを定義することはできません。

ステートメントに構成junos-defaultsグループ名を含めることはできません。 apply-groups

Junos のデフォルトグループから利用可能な事前設定文をすべて表示するにはshow groups junos-defaults 、設定のトップレベルで設定モードコマンドを実行します。次の例は、Junos デフォルトグループの一部を表示します。

junos-defaults グループから利用可能なステートメントを参照するにはjunos- 、該当する階層レベルで選択したdefault-name明細書を含めます。

構成グループでワイルドカードを使用する

ワイルドカードを使用して名前を識別し、1つのステートメントでさまざまなステートメントのデータを提供することができます。たとえば、すべての SONET/SDH インターフェイスsonet-options上での文の設定と、すべての非同期転送モード (ATM) インターフェイスを介した OSPF の dead 間隔をグループ化すると、設定ファイルが簡素化され、メンテナンスが容易になります。

通常の構成データでワイルドカードを使用することは、従来の UNIX シェルのワイルドカードと同じスタイルで実行されます。このスタイルでは、以下のメタ文字を使用できます。

  • アスタリスク ( * )—は、任意の文字列の文字と一致します。

  • 疑問符 ( ? )—は任意の1文字に一致します。

  • 開き角かっこ[ (—) は文字クラスを導入します。

  • 閉じ角かっこ]  (—) は、文字クラスの終わりを示します。閉じかっこがない場合、文字クラスを導入するの[ではなく、左角かっこが a に一致します。

  • 文字クラスは、角括弧の間にある文字のいずれかと一致します。構成グループ内では、文字クラスを含むインターフェイス名は引用符で囲む必要があります。

  • ハイフン ( - )—は文字の範囲を指定します。

  • 感嘆符 ( ! )—文字クラスの最初の文字を感嘆符にすることで、文字クラスを補完することができます。文字クラスに閉じ角かっこ]() を含めるには、最初の文字を ( !もしあれば) 表示します。マイナス記号を含めるには、先頭または最後の文字を表示します。

groups階層内で使用した場合、ワイルドカード文を<定義していない限り、識別子名を開始することはできません。 >この場合、ワイルドカード文は必ず閉じられます。

構成グループ内でのワイルドカードは、同じ<ルール>に従いますが、 groups階層で使用したときには特別な意味があります。groups階層では、ワイルドカードパターンを使用する用語を山かっこで囲む必要があり <形式> は、設定ファイルで他のワイルドカードと区別することができます。

構成内の既存のステートメントが条件を満たしている場合にのみ、ワイルドカード式を使用してそれを設定します。上記の例では、式<so-*>に一致sonet-optionsする任意のインターフェイスにステートメントを渡しso-*ます。

次の例は、インターフェイスの範囲を指定する方法を示しています。

山かっこを使用すると、変更せずに通常のワイルドカード処理を渡すことができます。構成内で一致した場合、ワイルドカードを使用しているかどうかにかかわらず、一致した構成で最初に見つかった項目が使用されます。次の例では、ワイルドカードで表示された BGP グループのデータは、グループのリスト順に継承されます。優先値によっ<*a*>ての<*b*>優先度がオーバーライドされp<*d*>ます。 <*c*>これは、オーバーライドする値によって上書きされます。これらのグループのデータ値は、のデータ値よりabcdも優先されます。

構成グループの使用時におけるコミット時間の短縮

構成グループは、構成データを再入力することなく、他の階層に設定を適用するために使用されます。設定グループによっては、すべての構成の詳細を指定することがあります。その他の構成グループは、ワイルドカードを使用してデータの範囲を設定し、各設定行を詳細に記述することはありません。設定の中には、適用される設定の長い文字列を含む継承パスがあるものもあります。

構成グループを使用する構成がコミットされた場合、コミットプロセスでは、グループのすべての構成データをメモリに拡張して読み込んで、設定を意図したとおりに適用します。特に構成グループがワイルドカードを広範囲に使用している場合、多くの構成グループが適用されていると、コミットのパフォーマンスが悪影響を受ける可能性があります。

ワイルドカードを使用する多くの構成グループをシステムで使用してpersist-groups-inheritanceいる場合は[edit system commit] 、階層レベルでステートメントを設定して、コミット時のパフォーマンスを向上させることができます。

このオプションを使用すると、システムは、プロセスメモリ内ではなく、データベース内の各構成グループに対して継承パスを構築できます。これにより、コミット時間のパフォーマンスが向上します。ただし、データベースのサイズを最大22% 増やすこともできます。

例:構成グループを使用した一連のステートメントの設定

構成グループに一連のステートメントが存在する場合、すべての値が継承されます。たとえば、以下のように記述します。

角かっこで囲まれていないセットの場合は、すべての値も継承されます。たとえば、以下のように記述します。

例:構成グループを使用したインターフェイスの構成

構成グループを使用して、共通インターフェイスのメディアパラメーターとインターフェイス固有のアドレス情報を区別することができます。ATM インターフェイスの設定データをという名前atm-optionsのグループに配置する例を次に示します。

例:構成グループを使用した管理インターフェイス用の一貫した IP アドレスの構成

複数のルーティングエンジンを持つルーターでは、各ルーティングエンジンは管理インターフェイス用に個別の IP アドレスfxp0で構成されています ()。マスタールーティングエンジンにアクセスするには、どのルーティングエンジンがアクティブになっており、適切な IP アドレスを使用しているかを知っておく必要があります。

オプションとして、マスタールーティングエンジンへの一貫したアクセスを可能にするために、追加の IP アドレスを構成し、どのルーティングエンジンがアクティブであるかに関係なく、管理インターフェイスにこのアドレスを使用することができます。この追加の IP アドレスは、マスタールーティングエンジンの管理インターフェイス上でのみアクティブになっています。スイッチオーバーを実行すると、アドレスは新しいマスタールーティングエンジンに移動します。

以下の例では、 10.17.40.131アドレスはルーティングエンジンの両方に対してmaster-only設定され、文が含まれています。この設定では、 10.17.40.131アドレスはマスタールーティングエンジン上でのみ有効になります。どのルーティングエンジンがアクティブであるかにかかわらず、アドレスの一貫性が保たれます。アドレス10.17.40.132fxp0re0on に割り当てられ10.17.40.133ており、 fxp0 on re1に割り当てられています。

この機能は、デュアルルーティングエンジンが搭載されているすべてのルーターで使用できます。TX マトリクスルーターで構成されたルーティングマトリクスでは、この機能はスイッチカードシャーシ (SCC) のみに該当します。同様に、TX Matrix Plus ルーターで構成されるルーティングマトリクスでは、この機能はスイッチファブリックシャーシ (SFC) にのみ適用できます。

  • 適切なルーティングエンジンスイッチオーバー (GRES) が有効になっているときfxp0ge-0/0/1、などの管理インターフェイスや内部インターフェイスに同じ IP アドレスを設定すると、CLI には、プライベートおよびパブリックインターフェイスで同じアドレスが検出されたことを示すコミットエラーメッセージが表示されます。このような場合は、重複するアドレスを持つ2つのインターフェイスに固有の IP アドレスを割り当てる必要があります。

  • TX マトリクスプラスルーター、ルーティングマトリクス内の T1600 ルーター、PTX シリーズパケットトランスポートルーターに使用される管理イーサネットインターフェイスはem0、です。Junos OS では、’em0ルーター s 管理イーサネットインターフェイスが自動的に作成されます。

例:構成グループを使用したピアエンティティの構成

この例では、別のインターネットsome-ispサービスプロバイダ (ISP) に関連する構成データを含むグループを作成しています。その後、任意apply-groupの場所にステートメントを挿入して、このデータを継承するように設定階層内の任意の位置を指定できます。

例:構成グループを使用した地域設定の確立

この例では、1つのグループには会社全体で標準である構成データが設定され、別のグループにはこの標準からの地域の差異が含まれています。

例:ワイルドカード構成グループ名の構成

ワイルドカードは、特殊文字を使用して複数のステートメントに適用できるパターンを作成する、構成グループ名です。ワイルドカードを使用すると、構成オプションのセットをさまざまな構成グループにコピーする場合に便利です。ワイルドカード名を適切に設定して、ワイルドカード構成オプションが適切な構成グループにコピーされるようにすることが重要です。

この例では、ステートメントの<*-major><*-minor>label-switched-path下で and ワイルドカードグループに異なる値を設定します。アスタリスク (*) 文字は、任意の文字列の文字と一致するワイルドカード名のセクションを表します。たとえば、の設定オプションは、 label-switched-path <*-major>その名前をlabel-switched-path metro-major含むlabel-switched-path他の-major構成グループに渡されます。

例:Junos OS デフォルトグループからの事前設定されたステートメントの参照

次の例は、ステートフルファイアウォールで FTP に使用できる Junos defaults グループからの事前設定されたステートメントです。

Junos defaults グループからプリセット Junos default ステートメントを参照するには、該当junos-default-nameする階層レベルにステートメントを追加します。たとえば、ステートフルファイアウォールで FTP の Junos default ステートメントを参照するには、次junos-ftpのような[edit services stateful-firewall rule my-rule term my-term from applications]ステートメントを階層レベルに含めます。

例: 設定に 適用されたデフォルトステートメントの表示

設定に適用されたデフォルトの Junos を確認するには、 show | display inheritance defaultsコマンドを発行します。たとえば、継承された Junos のデフォルトを[edit system ports]階層レベルで表示するには、以下のようにします。

既存の Junos default ステートメントを使用しない場合は、独自の設定グループを手動で作成できます。

##マークされたコメントなしで完全な構成情報を表示no-commentsするにはdisplay inheritance 、コマンドでこのオプションを使用します。

ルーティングエンジンコンフィギュレーショングループの設定

2つのルーティングエンジンを備えたルーターでは、1つの構成を両方のルーティングエンジンで共有する必要があります。これにより、両方のルーティングエンジン構成が同じになります。この設定では、ルーティングエンジンごとに2つのルーティングエンジングループを作成します。これらのグループ内では、ルーティングエンジン–固有のパラメーターを指定します。

冗長化されたルーティングエンジンシステムと re0 グループの初期構成の詳細についJunos OS High Availability User Guideては、を参照してください。

  1. 構成グループre0を作成します。このre0グループは、冗長構成のルーティングプラットフォームRE0でのみ使用される特別なグループ指定子です。

  2. 設定階層のgroups re0レベルに移動します。

  3. デバイスのホスト名を指定します。

    デバイス構成に指定されているホスト名は、DNS サーバーが正しい IP アドレスに解決するために使用しません。このホスト名は、CLI でルーティングエンジンの名前を表示するために使用されます。たとえば、CLI にログインしている場合、次のようなコマンドラインプロンプトにホスト名が表示されます。

  4. デバイスイーサネットインターフェイスの IP アドレスとプレフィックス長を設定します。
    • すべてのデバイスに exceptTX マトリクスプラスルーター、T1600 または T4000 ルーターをルーティングマトリクスに、PTX シリーズパケットトランスポートルーターには以下のものがあります。

    • TX マトリクスプラスルーター、T1600 または T4000 ルーターのルーティングマトリクスのみ、および PTX シリーズパケットトランスポートルーターには以下のものがあります。

      帯域外em0管理イーサネットインターフェイスとして使用するには、その論理ポートem0.0を有効な IP アドレスで構成する必要があります。

    • T1600 スタンドアロンルーターの場合 (TX マトリクスプラスルーターに接続しておらず、ルーティングマトリクスではない場合):

  5. 階層の最上位レベルに戻ります。

  6. 構成グループre1を作成します。

  7. 設定階層のgroups re1レベルに移動します。

  8. デバイスのホスト名を指定します。
  9. デバイスイーサネットインターフェイスの IP アドレスとプレフィックス長を設定します。
    • すべてのデバイスに exceptTX マトリクスプラスルーター、T1600 または T4000 ルーターをルーティングマトリクスに、PTX シリーズパケットトランスポートルーターには以下のものがあります。

    • TX マトリクスプラスルーターと T1600 または T4000 ルーターとルーティングマトリクスの場合のみ、以下のことができます。

      帯域外em0管理イーサネットインターフェイスとして使用するには、その論理ポートem0.0を有効な IP アドレスで構成する必要があります。

    • T1600 スタンドアロンルーターの場合 (TX マトリクスプラスルーターに接続しておらず、ルーティングマトリクスではない場合):

  10. 階層の最上位レベルに戻ります。

  11. グループアプリケーションの順序を指定します。

条件を使用して構成グループを適用する

階層レベルのwhen明細[edit groups group-name]書を使用して、コンフィギュレーショングループを適用する条件を定義できます。

このグループは、シャーシ、モデル、ルーティングエンジンのタイプ、バーチャルシャーシメンバー、クラスタノード、開始日とオプションの終了時刻 (day or date) に基づいて、適用するように設定できます。

たとえば、このwhenステートメントを使用して、ノードタイプごとに汎用構成グループを作成し、シャーシやモデルなどの特定のノードプロパティに基づいてその構成を適用できます。

例:構成グループを適用するための条件の設定

この例では、指定された構成グループが適用される条件を設定する方法を示します。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外に特別な設定は必要ありません。

概要

[edit groups group-name]階層レベルでグループ構成データを設定してから、 whenステートメントを使用して、以下の条件に基づいてグループを適用することができます。シャーシ、モデル、ルーティングエンジン、バーチャルシャーシメンバー、クラスタノード、開始およびオプションの終了時刻 (day または date) のタイプ。

単一の構成グループで複数の条件を指定する場合は、構成グループを適用する前にすべての条件を満たしている必要があります。

適用される設定グループの開始時刻または期間を指定できます。開始時刻のみが指定されている場合、設定グループは指定された時刻に適用され、時刻が変更されるまで有効なままになります。終了時刻が指定されている場合、各日に適用される設定グループが開始され、指定した時刻に停止されます。

この例では、以下の条件がtest1すべて満たされた場合にのみこのグループが適用されるように、構成グループに条件を設定しています。ルーターは、シャーシタイプルーティングエンジン LCC0 を採用したモデル MX240 ルーターで、RE0 として動作し、node0 上のバーチャルシャーシの member0 であり、設定グループは毎日 5:00 p.m. まで9:00 にのみ効力を持ちます。

構成

CLI 簡単構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

ステップごとの手順

構成グループtest1の条件を構成するには、次のようにします。

  1. モデル MX240 ルーターを識別する条件を設定します。
  2. シャーシタイプを特定する条件を LCC0 として設定します。
  3. ルーティングエンジンの動作を識別する条件を設定RE0します。
  4. バーチャルシャーシmember0を識別する条件を設定します。
  5. クラスター node0を識別する条件を設定します。
  6. グループを適用する条件を、1日あたり 9:00 a.m. ~ 5:00 午後1時の範囲で設定します。

    時刻を指定する構文は、以下のとおりです。time <start-time> [to <end-time>]yyyy-mm、hh: mm、hh などの時刻形式を使用します。

  7. 構成をコミットします。

結果

設定モードから、 show groups test1コマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

条件付きデータによるグループの継承の確認

目的

適用時に構成グループの条件付きデータが継承されていることを確認します。

アクション

show | display inheritance操作コマンドをwhenデータとともに発行して、条件継承を表示することができます。この例を使用して、次のいずれかのコマンドを実行して、条件データが継承されていることを確認します。