Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

LSP をもう一度検証します。

 

目的

エラーを修正するための適切な対策を行った後、LSP をもう一度確認して、物理レイヤーの問題が解決されていることを確認する必要があります。

アクション

LSP がネットワークを正常に稼働していることを確認するには、次のコマンドを入力します。

サンプル出力1

サンプル出力2

意味

入口ルーターからの出力1の例R1 LSP が、予期されたパスに沿ってネットワークを通過していることを示します。R1から R3 宛先 R6、リバース LSP、 R6から R3宛先 R1

入口ルーターからの出力2の例 R1 MPLS がオンになっていないため、LSP が意図したパスを採用しなければならないことを示します。 R1 インターフェイス so-0/0/0.0および so-0/0/1.0。構成が正しいにもかかわらず、これらのインターフェイスが非アクティブ化されない場合でも、LSP は代替パスを介してネットワークを通過します。