Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

OSPF プロトコルの構成を確認します。

 

目的

インターフェイスと近隣ノードのチェックが完了したら、OSPF プロトコルの構成を確認します。

アクション

OSPF プロトコルの構成を確認するには、受信ルーター、送信元およびアウトツー出口ルータから以下のコマンドを入力します。

サンプル出力1

サンプル出力2

サンプル出力3

意味

3つのサンプル出力すべてにおいて、ループバックインターフェースがどのようなものにも含まれていないことを示しています。 ルーターです。ループバックを含む (lo0) が重要となるのは、RID が手動で構成されている場合です。

さらに、伝送ルーターからの出力2の例R3 トラフィックエンジニアリングが構成されていないことを示します。MPLS ネットワークの OSPF を構成するときは、トラフィックエンジニアリングを手動で有効にする必要があります。

ループバックインターフェイスとトラフィックエンジニアリングが OSPF プロトコル構成に含まれていないため、LSP は期待どおりには機能しません。