Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

流通ルーター上の LSP ルートを確認します。

 

目的

LSP が稼働している場合は、LSP ルートが mpls 0 ルーティングテーブルMPLS は MPLS パスルーティングテーブルを維持しています (mpls 0) には、各 LSP の次のラベルスイッチルーターのリストが含まれています。このルーティングテーブルは、送信ルーターで、LSP の次のルーターにパケットをルーティングするために使用されます。伝送ルーターの出力にルートが存在しない場合は、受信/送信ルーターの MPLS プロトコル構成を確認します。

アクション

流通ルーター上で LSP ルートを確認するには、伝送ルーターから以下のコマンドを入力します。

サンプル出力1

user@R3> show route table mpls.0

サンプル出力2

user@R3> show route table mpls.0

意味

伝送ルーターからの出力1の例 R3 MPLS ラベル項目の形式で3つのルートエントリを示します。これらの MPLS ラベルは、RFC 3032 で定義されている予約 MPLS ラベルであり、 mpls 0 LSP の状態に関係なく、ルーティングテーブルです。RSVP によって上位の近隣ノードに割り当てられた着信ラベルが出力にないため、LSP が停止していることが示されます。MPLS ラベル項目の詳細については、 Checklist for Verifying LSP Useを参照してください。

それとは対照的に、サンプル出力2は、適切に構成された LSP の MPLS ラベルとルートを示しています。3つの予約 MPLS ラベルが存在し、他の4つのエントリは RSVP によって上流の近隣ノードに割り当てられた着信ラベルを表します。これら4つのエントリは、2つのルートを表しています。MPLS ヘッダーのスタック値が異なる可能性があるため、ルート当たりのエントリは2つあります。ルートごとに、2つ目のエントリ 100864 (S = 0)および 100880 (S = 0)スタックの深さが1ではなく、追加のラベル値がパケットに含まれていることを示します。これに対して、最初のエントリ 100864および 100880スタックの深さが1であることを示す推論された S = 1 の値を持ち、各ラベルを特定のパケットの最後のラベルにします。デュアルエントリーは、これが penultimate ルーターであることを示しています。MPLS ラベルスタックの詳細については、RFC 3032 を参照してください。 MPLS ラベルスタックエンコーディング。