Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ロードバランシングが機能していることを確認します。

 

目的

ロードバランシングを設定した後、トラフィックがパス間で負荷分散されていることを確認します。このセクションでは、コマンド出力に、負荷分散ネットワークトポロジーに示されたサンプルネットワークの負荷分散の設定を反映します。このclearコマンドを使用して LSP とインターフェイスカウンターをゼロにリセットすることで、値に負荷分散の構成の動作を反映させることができます。

アクション

インターフェイスと Lsp で負荷分散を検証するには、受信ルーターで次のコマンドを使用します。

インターフェイスと Lsp 間の負荷分散を検証するには、通過ルーターで以下のコマンドを使用します。

サンプル出力

次のサンプル出力は、受信ルーターの構成用です。 R1:

意味

受信ルーター上でのshow configurationコマンドのサンプル出力 R1は、ロードバランシングが適切に構成されていることを示しています。 lbppポリシーステートメント。また、 lbppポリシーは、 [edit routing-options]階層レベルで転送テーブルにエクスポートされます。

サンプル出力

次のサンプル出力は、伝送ルーター R2 からのものです。

転送ルーターで発行さshow routeれたコマンドのサンプル出力 R2 は、2つの同等コストのパスを示しています (so-0/0/1および so-0/0/2) ネットワーク経由でループバックアドレスに R0(192.168.0.1)。通常、右山括弧 (>) は、次の4つのサンプル出力に示すように、アクティブルートを示しています。この場合は、このようなことはありません。

サンプル出力

次のサンプル出力は、伝送ルーター R2 からのものです。

転送ルーターで発行さmonitor interface trafficれたコマンドのサンプル出力 R2出力トラフィックが2つのインターフェイス間で均等に分散されていることを示します。 so-0/0/1および so-0/0/2

サンプル出力

次のサンプル出力は、伝送ルーター R2 からのものです。

転送ルーターで発行さshow mpls lsp statisticsれたコマンドのサンプル出力 R2出力トラフィックが受信ルーター上で構成された4台の Lsp 間で均等に分散されていることを示します。 R6

サンプル出力

次のサンプル出力は、伝送ルーター R2 からのものです。

転送ルーターで発行さshow route forwarding-table destinationれたコマンドのサンプル出力 R2は示して ulst種類このフィールドは、ロードバランシングが機能していることを示しています。2つのユニキャスト (ucst)のエントリ 種類フィールドは、Lsp の2ホップ目です。

サンプル出力

次のサンプル出力は、伝送ルーター R2 からのものです。

通過ルーター R2 で発行show route forwarding-table | find mplsされたコマンドのサンプル出力は、このルーターが受信し使用したラベルを含む MPLS ルーティングテーブルを示しています。次ホップルーターにパケットを転送します。このルーティングテーブルは、多くの場合、LSP の次のルーターにパケットを転送するために、伝送ルーターで使用されています。最初の3つのラベルは 保存列 (ラベル0、ラベル1、ラベル 2) は、MPLS によって、プロトコルが有効になった時点で自動的に入力されます。これらのラベルは、RFC 3032 で定義されている予約 MPLS ラベルです。ラベル0は IPv4 explicit null ラベルです。ラベル1は IP ルーターのアラートラベルと同じ MPLS です。ラベル2は IPv6 明示的な null ラベルです。

残りの5つのラベルは 保存列は、ルーターがトラフィックを転送するために使用する非予約ラベルと最後の列 Netifは、ラベル付きトラフィックを送信するために使用されるインタフェースを示しています。予約されていないラベルの場合は、2つ目 種類 列には、一致するパケットに対して実行された操作が表示されます。この例では、予約されていないパケットはすべて、送信パケットラベルに対して入れ替わります。たとえば、次のようなラベルを持つパケット 100112ラベルを交換してください。 100032インターフェースから出る前に so-0/0/1.0