Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

帯域幅の不均等化による負荷分散の運用を確認します。

 

目的

ルーターが Lsp パス間で不等コスト負荷分散を実行する場合、 show route detail使用される各ホップに関連付けられたバランスフィールドがコマンドに表示されます。

アクション

RSVP LSP が unevenly の負荷分散されていることを確認するには、次の Junos OS CLI 運用モードコマンドを使用します。

サンプル出力

意味

受信ルーターからのサンプル出力 R1は、トラフィックが LSP 帯域幅構成に従って分散していることを示します。 勘定比べ]. 例えば lsp1では、10 Mbps の帯域幅が構成されています。 勘定10%].