Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

Traceroute コマンドで MPLS ラベルを確認します。

 

目的

ルートの BGP next ホップが LSP 送信アドレスである BGP 宛先にパケットが到達するルートを表示します。デフォルトでは、BGP が使用しているのは inet. 0inet. 3次ホップアドレスを解決するためのルーティングテーブルBGP ルートの next-hop アドレスが送信ルーターのルーター ID ではない場合、トラフィックは LSP ではなく IGP ルートにマップされます。このtracerouteコマンドをデバッグツールとして使用して、LSP がトラフィックの転送に使用されているかどうかを確認します。

アクション

MPLS のラベルを確認するには、受信ルーターから以下のコマンドを入力します。

サンプル出力1

サンプル出力2

意味

サンプル出力1は、BGP トラフィックが LSP を使用していないことを示しており、そのため MPLS ラベルは出力に表示されません。LSP を使用する代わりに、BGP トラフィックは IGP (IS-IS をMPLS レイヤーで破損した MPLS ネットワーク内のネットワーク例) を使用して、BGP のネクストホップ LSP 送信アドレスに到達しています。Junos OS デフォルトの動作では、Lsp は、BGP のネクストホップが LSP 送信アドレスと等しい場合に BGP トラフィックに使用されます。

サンプル出力2は、適切に設定された LSP の出力例です。この出力には MPLS ラベルが表示されます。 BGP トラフィックが LSP を使用して BGP のネクストホップに到達していることを示します。