Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

IP レイヤーにおける隣接関係や隣接関係の検証

 

目的

IP アドレッシングが不適切に設定されている場合は、OSPF の隣接関係または IS-IS の隣接関係を確認して、どちらか一方または両方が確立されているかどうかを確認する必要があります。

アクション

近隣ルーター (OSPF) または隣接関係 (IS-IS) を検証するには、入口、伝送、送信の各ルータから以下のコマンドを入力します。

サンプル出力1

サンプル出力2

意味

入口、伝送、送信ルーターの出力1の例では、 R1および R3OSPF 近隣には確立されていません。2つのインターフェイスがあることを考えると so-0/0/2.0(R1および R3) は同一の IP アドレスで構成されていますが、これを想定しています。OSPF プロトコルは、IP パケットヘッダーに含まれている宛先 IP アドレスだけに基づいて IP パケットをルーティングします。したがって、自律システム (AS) 内の同一 IP アドレスは、近隣ノードが確立していないことになります。

入口、伝送、送信ルーターからの出力2の例では、 R1および R3インターフェイス上で構成された同一の IP アドレスにもかかわらず、IS-IS 隣接関係を確立している so-0/0/2.0対する R1および R3。IS-IS プロトコルは、IP に依存して隣接関係を確立しないため、OSPF プロトコルとは異なる動作をします。しかし、LSP が導入されていない場合でも、そのレイヤーに誤りがある場合には、IP サブネットのアドレッシングを確認すると便利です。アドレス指定エラーを修正すると、LSP がバックアップされる可能性があります。