Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

LSP が確立されていることを確認します。

 

目的

Cspf トポロジーに表示されている LSP が管理グループカラーを使用して確立し、パスを走査していることを確認します。 R1宛先 R6赤色のリンクを使用します。

アクション

LSP が確立されていることを確認するには、次の Junos OS コマンドラインインターフェイス (CLI) 運用モードコマンドを入力します。

サンプル出力

サンプル出力2

意味

入口ルーターからの出力1の例 R1LSP を表示 R1-to-R6明示的なルートオブジェクト (ERO) で示されているとおりに正常に確立 10.1.15.2 s 10.1.56.2 s、ログメッセージ CSPF 計算結果が受け入れられましたヒストリーする。また、LSP は赤色のリンク上でパケットを正しくルーティングしています。これは、青のリンクやリンクが色分けされずに行われるのを回避します。

伝送ルーターからの出力2の例 R5LSP を表示 R1-to-R6ははR5が予想されます。