Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

管理グループの構成を確認する

 

目的

管理グループの色分けが正しく、関連するインターフェイスが各管理グループに適切に関連付けられていることを確認します。

アクション

管理グループの構成を確認するには、以下の Junos OS CLI オペレーションモードコマンドを入力 show するか、[プロトコルの編集 mpls] 以下の例に示すように、階層レベルを示します。

サンプル出力1

サンプル出力2

サンプル出力3

意味

サンプル出力1は、管理グループカラーリングが関連するすべてのルーター上で正しく設定されていることを示しています。管理グループ redおよび blue は [プロトコルの編集 mpls] 階層レベルと関連インターフェイスは、各管理グループに適切に関連付けられています。

R3は青の色で構成されており、 入れるおよびexcludeステートメントの構成には R1LSP を確実に R1-to-R6常時トランザクションを R5。赤色の色が含まれていることは必須ではありません。LSP による転送を強制するには R5リンクをカラーで色分けすることもできます R2および R3青のリンクを除外します。この例では、CSPF アルゴリズムに、色が設定されていないリンクが含まれていない場合に、 includeそのステートメントが [プロトコルの編集 mpls] 階層レベル。

さらに、受信ルーター R1この例で CSPF アルゴリズムが失敗した場合に情報を収集するための準備として CSPF トレースが構成されています。

サンプル出力2では、正しいインターフェイスが赤と青の管理グループに関連付けられていることを示しています。 R1R3R5R6

サンプル出力3では、リンクカラーリングがトラフィックエンジニアリングデータベースで正しく報告されていることを確認します。R1。ここには、その他のルーターのトラフィックエンジニアリングデータベース出力が表示されます。 R1出力と修正を行います。