Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

レイヤード MPLS トラブルシューティングモデルについて

 

問題

Description: レイヤー化された MPLS トラブルシューティングモデルは、MPLS ネットワークの問題を調査するための統制の的なアプローチです。図 1は、モデル内のレイヤーと、調査の構造に使用できるコマンドを示しています。MPLS ネットワークが複雑であるため、レイヤーを順を追って確認し、受信/送信/中継ルーターで各レイヤーの機能を検証してから次のレイヤーに進むことで、より良い結果を得ることができます。

ソリューション

図 1は、MPLS ネットワークに関する問題のトラブルシューティングに使用できるレイヤード MPLS トラブルシューティングモデルを示しています。

図 1: レイヤード MPLS ネットワークのトラブルシューティングモデル
レイヤード MPLS ネットワークのトラブルシューティングモデル

モデルのレイヤー間を移動する際には、MPLS ネットワークの別のコンポーネントが適切に機能していることを確認し、問題の原因となっているレイヤーを排除します。

物理レイヤー

物理レイヤーを調査するときは、ルーターが接続されていることと、インターフェイスが正しく構成されていることを確認します。物理レイヤーを確認するには、 show interfacesshow interfaces terse、およびpingの各コマンドを入力します。物理レイヤーに問題がある場合は、それを修正するための適切な対策を講じます。次にshow mpls lsp extensive 、コマンドを使用して、LSP が期待どおりに動作していることを確認します。物理レイヤーの確認の詳細については、Checklist for Verifying the Physical Layerを参照して物理層を確認してください。

データ リンク層

データリンクレイヤーを調べるときは、ポイントツーポイントプロトコル (PPP) または Cisco 高レベルデータリンクコントロール (HDLC) など、カプセル化モードをチェックします。PPP オプション (ヘッダーカプセル化など)フレーム・チェック・シーケンス (FCS) サイズ、キープアライブフレームを有効にするか無効にするかを指定します。データリンクレイヤーを確認するには、 show interfaces extensiveコマンドを入力します。データリンクレイヤーに問題が発生した場合は、それを修正するための適切な対策を講じます。次にshow mpls lsp extensive 、コマンドを使用して、LSP が期待どおりに動作していることを確認します。データリンクレイヤーを確認する方法の詳細については、「Checking the Data Link Layerとを確認する」を参照してください。 Junos インターフェイス運用ガイド

IP レイヤー

IP レイヤーを調べると、インターフェイスに正しい IP アドレスが割り当てられていること、および内部ゲートウェイプロトコル (IGP) の隣接関係の隣接関係が確立されていることが確認できます。IP レイヤーを確認するには、 show interfaces terseshow ospf neighbor extensive、およびshow isis adjacency extensiveコマンドを入力します。IP レイヤーに問題がある場合は、それを修正するための適切な対策を講じます。次にshow mpls lsp extensive 、コマンドを使用して、LSP が期待どおりに動作していることを確認します。

IGP レイヤー

IGP レイヤーを調査したら、オープン最短パスファースト (OSPF) または中間システム (IS-IS) プロトコルが構成され、正常に動作していることを確認します。

  • OSPF プロトコルを設定している場合は、まず IP レイヤーを確認してから、OSPF 設定を選択する必要があります。OSPF レイヤーを調査したら、プロトコル、インターフェイス、およびトラフィックエンジニアリングが正しく構成されていることを確認します。OSPF レイヤーを確認するにはshow configuration protocols ospf 、とshow ospf interfaceコマンドを入力します。問題が OSFP レイヤーに存在する場合は、それを修正するための適切な対策を講じます。次にshow mpls lsp extensive 、コマンドを使用して、LSP が期待どおりに動作していることを確認します。OSPF レイヤーの確認方法の詳細については、「 Verifying the OSPF Protocol」を参照してください。

  • IS-IS プロトコルを設定している場合、IS-IS と IP は互いに独立しているため’、どちらを先に確認するかは問題になりません。IS-IS 構成を確認すると、IS-IS 隣接関係があることが確認され、インターフェイスと IS-IS プロトコルが正しく構成されることになります。IS-IS レイヤーを確認するには、 show isis adjacencyshow configuration protocols isis、およびshow isis interfacesの各コマンドを入力します。IS-IS レイヤーに問題がある場合は、それを修正するための適切な対策を講じます。次にshow mpls lsp extensive 、コマンドを使用して、LSP が期待どおりに動作していることを確認します。IS-IS レイヤーの確認方法の詳細については、「 IS-IS プロトコルの検証」を参照してください。

    IS-IS プロトコルでは、デフォルトでトラフィックエンジニアリングが有効になっています。

RSVP と MPLS のレイヤー

IP と IGP レイヤーの両方が機能していても問題が解決されない場合は、リソース予約プロトコル (RSVP) と MPLS レイヤーをチェックして、問題がこれらのレイヤーのいずれかにあるかどうかを確認できます。

  • RSVP レイヤーを調査する場合、動的な RSVP シグナリングが期待どおりに発生しているか、近隣ノードが接続されているか、そしてインターフェイスは RSVP 用に正しく設定しているかどうかをチェックしています。RSVP レイヤーを確認するには、 show rsvp sessionshow rsvp neighbor、およびshow rsvp interfaceの各コマンドを入力します。RSVP レイヤーに問題がある場合は、それを修正するための適切な対策を講じます。次にshow mpls lsp extensive 、コマンドを使用して、LSP が期待どおりに動作していることを確認します。

  • MPLS レイヤーを調査する場合、LSP が正常に機能しているかどうかを確認します。MPLS レイヤーを確認するには、 show mpls lspshow mpls lsp extensiveshow route table mpls.0を入力します。show route addresstraceroute address、およびping mpls rsvp lsp-name detail コマンドがあります。MPLS レイヤーに問題がある場合は、それを修正するための適切な対策を講じます。次にshow mpls lsp extensive 、コマンドを使用して、LSP が期待どおりに動作していることを確認します。

BGP レイヤー

RSVP と MPLS のレイヤーを確認した後も問題が解決しない場合は、境界ゲートウェイプロトコル (BGP) が正しく動作していることを確認する必要があります。LSP が設定されていない場合、BGP が MPLS LSP を使用してトラフィックを転送しているため、BGP レイヤーを確認するポイントはありません。BGP レイヤーを確認すると、ルートが存在し、アクティブになっていることが確認されます。さらに重要なのは、次ホップが LSP であることを確認することです。BGP レイヤーを確認するには、 traceroute host-name、、、 show bgp summary、およびshow configuration protocols bgpコマンドがshow route destination-prefix detailあります。 show route receive protocol bgp neighbor-address BGP レイヤーの確認方法の詳細については、「 Checking the BGP Layer」を参照してください。

実際には、MPLS モデルの任意のレベルで開始して、MPLS ネットワークに関する問題を調査することができます。しかし、ここで説明する統制のあるアプローチでは、一貫性のある信頼性の高い結果が得られます。

図 2は、MPLS ネットワークのトラブルシューティング方法を示す以下のトピックで使用される基本的なネットワークトポロジを示しています。

図 2: MPLS 基本的なネットワークトポロジの例
MPLS 基本的なネットワークトポロジの例

MPLS ネットワークは、以下のコンポーネントで構成されています。

  • SONET インターフェイスを使用したルーターのみのネットワーク

  • 特定の問題シナリオを示すためにインターフェイスを選択的に非アクティブにして、すべてのルーター上でプロトコルを有効にする MPLS します。

  • MPLS で構成されたすべてのインターフェイス

  • フルメッシュ IBGP トポロジ、65432としての使用

  • 1つのレベル (IS-IS レベル 2) または1つの領域 (OSPF 領域 0.0.0.0) を使用して、基礎となる IGP として IS-IS または OSPF します。

  • A send-スタティックルーター R1 および R6 のポリシーにより、新しいルートをネットワークに提供できるようになります。

  • ルーター R1 と R6 の間に Lsp が2つあり、双方向のトラフィックを許可しています。

LSP を設定した後、LSP が稼働していることをshow mpls lsp 確認するコマンドを発行し、出力にエラーメッセージが見つかった場合はさらに詳細に調査することをお勧めします。このエラーメッセージは、MPLS ネットワークの任意のレイヤーで問題があることを示している場合があります。

Lsp は、入口、伝送、送信のいずれでも実行できます。LSP のshow mpls lsp状態を迅速に検証するには、このコマンドを使用します。 大きな オプション (show mpls lsp extensive) LSP が停止している場合のフォローアップとして) ネットワークに多数の Lsp が存在する場合は、このような LSP の名前を指定することも検討してください。 ネーム ボタンshow mpls lsp name ネーム または show mpls lsp name ネーム 大きな

アクション

受信ルーターから MPLS ネットワークのエラーの調査を開始するには、以下の Junos OS コマンドラインインターフェイス (CLI) の運用モードコマンドの一部またはすべてを入力します。

サンプル出力1

サンプル出力2

サンプル出力3

サンプル出力4

入口ルーターからのサンプル出力 R1ラベル交換パスが意図したとおりにネットワークを通過していることを示します。 R1から R3宛先 R6,別の LSP とその逆方向に、 R6から R3宛先 R1

ネットワークに多数の Lsp が存在する場合は、 show mpls lspLSP の状態を簡単に検証するためのコマンドです。、show mpls lsp name ネーム extensiveコマンドを使用して、LSP が停止していることを確認した場合に調査を続行します。

show mpls lspコマンドのステータスと統計の詳細については、「 Checklist for Determining LSP Status」を参照してください。LSP の可用性と有効な使用方法の詳細については、LSP の使用状況をChecklist for Verifying LSP Useを参照してください。

以下のトピックでは、ネットワークトポロジーがさまざまなレイヤーで分割されています。 ネットワークは、さまざまな MPLS ネットワークの問題を調査できるようにするためのものです。問題が発生しているのは包括的ではありません。そのような問題は、トラブルシューティングモデルのさまざまなレイヤーの調査プロセスを示すことを目的としています。