Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

GMPLS と GRE トンネルのトラブルシューティング

 

問題

Description: GMPLS の論理制御チャネルは、ポイントツーポイントリンクにする必要があり、何らかの形の IP 到達可能性を備えている必要があります。ブロードキャストインターフェイスの場合、または制御チャネルピア間に複数のホップがある場合は、制御チャネルに GRE トンネルを使用します。GMPLS と GRE トンネルの詳細については、 Junos MPLS アプリケーション構成ガイドJunos ユーザーガイド

トンネル PIC は じゃないGMPLS control channel の GRE トンネルを設定するために必要です。代わりに、ソフトウェアベース ハードウェアベースではなく、インターフェイス 読むfpc/pic/ポート インターフェイス.

注意

ソフトウェアベースの制約により インターフェイス, GMPLS 制御チャネルは、ソフトウェアベースの唯一の使用をサポートしています。 インターフェイス. それ以外の用途は明示的にはサポートされず、アプリケーション障害の原因となる可能性があります。

次の例は、基本的な インターフェイスの構成この場合、トンネルソースはローカルルーターのループバックアドレスであり、宛先アドレスはリモートルーターのループバック宛先です。トンネル宛先の次ホップを持つトラフィックは、トンネルを使用します。このトンネルは、インターフェイスを通過するすべてのトラフィックによって自動的に使用されるわけではありません。トンネルを使用するのは、ネクストホップとしてのトンネリング宛先のトラフィックだけです。

サンプル出力

サンプル出力

Show interface コマンドの出力例では、カプセル化タイプとヘッダー、論理インターフェイスを通過する最大速度、宛先、論理アドレスが示されています。

以下は、GRE トンネルを使用して GMPLS LSP を構成する際のさまざまな要件を示しています。

  • データチャネルは、同じタイプのインターフェイスで開始および終了する必要があります。

  • 制御チャネルは、1つまたは複数の異なるインターフェイスタイプで開始および終了する GRE トンネルにすることができます。

  • GRE トンネルを間接的に設定するには、 ピアインターフェイスpeer-nameステートメントを、 [edit protocol ospf] 階層レベルで行います。

  • GRE インターフェイスは、 [edit protocols ospf]および[edit protocols rsvp]階層レベルで無効にする必要があります。

  • データと制御チャネルは、LMP 設定で正しく定義されている必要があります。

  • 制約された最短パスの最初 (CSPF) を no-cspfステートメントによって無効にすることはオプションです。

この事例では、GRE トンネルのエンドポイントの不正な構成に焦点を当てています。ただし、同様のプロセスとコマンドを使用して、GRE トンネルの問題を診断することもできます。図 1は、GRE インターフェイスからトンネリングされた MPLS 使用するネットワークトポロジを示しています。

図 1: GMPLS ネットワークトポロジー
GMPLS ネットワークトポロジー

の MPLS ネットワークトポロジで図 1は、GRE トンネルを使用して構成されたジュニパーネットワークスルーターを、以下のコンポーネントで構成しています。

  • 受信ルーターから送信ルーターまでの厳しい GMPLS LSP パス。

  • 受信ルーターでは、CSPF が無効にno-cspf なっている文が [プロトコル mpls ラベルの編集-スイッチパスlsp-名前] 階層レベル。

  • peer ステートメント内でのトラフィックエンジニアリングのリンクと制御チャネル ([プロトコルの編集リンク管理] すべてのルーターで階層レベルをオンにします。

  • すべてのルーター上で構成されたトラフィックエンジニアリングを OSPF して OSPF します。

  • のリファレンスとして、 ピアインターフェイスすべてのルーターで OSPF と RSVP の両方が可能です。

  • 間のスイッチングタイプの問題 R2および R3

記載

図 1示されているネットワーク内の LSP はダウンしています。 show mpls lspまたshow rsvp session 、コマンドからの出力で示されるようになっています。これには、非常に類似した情報が表示されます。このshow mpls lspコマンドは、ルーターに構成されているすべての lsp と、すべての転送および送信 lsp を表示します。このshow rsvp session コマンドを実行すると、RSVP セッションの概要情報が表示されます。どちらのコマンドを使用しても、LSP の状態を確認できます。この場合、LSPgmpls-r1-to-r3がダウンしている (Dn)。

サンプル出力

招く

GMPLS LSP の問題の原因は、GMPLS データチャネルの両端でさまざまなインターフェイスタイプを設定することです。

トラブルシューティングのコマンド

Junos OS には、問題のトラブルシューティングに役立つコマンドが含まれています。このトピックでは、各コマンドの簡単な説明、その後の出力例、および問題に関連した出力の説明を示します。

GMPLS の問題をトラブルシューティングする際には、以下のコマンドを使用できます。

サンプル出力

「Mpls lsp を表示」の拡張コマンドを使用して、ルーター R1 のすべての Lsp はに関する詳細情報を表示します。

このshow mpls lsp extensive コマンドの出力例では、エラーメッセージが表示されます (MPLS ラベルの割り当てエラー) 出力の [ログ] セクションでこの LSP イベントは、MPLS プロトコルまたはfamily mplsステートメントが適切に設定されていないことを示します。LSP イベントの前に IP アドレスがある場合、そのアドレスは、MPLS 構成エラーが発生したルーターになります。この場合、ルーターとして使用されていることがlo0アドレスの 192.168.4.1(R3) で MPLS 構成エラーが発生しています。

サンプル出力

[Rsvp セッションの詳細表示] コマンドを使用して、RSVP セッションに関する詳細情報を表示します。

このshow rsvp session detail コマンドの出力例は、LSP gmpls-r1-to-r3がダウンしている (LSPstate: Dn)。ルートレコードが不完全なため、明示的なルートに問題があることを示します。 100.100.100.100 93.93.93.93。、アドレス 100.100.100.100 データチャネルは R2 so-0/0/0、アドレス 93.93.93.93 データチャネルは R3

サンプル出力

Show link management peer コマンドを使用して、MPLS ピアリンク情報を表示します。

この図 1show link-management peer コマンドのサンプルネットワーク内のすべてのルーターからの出力例は、すべての制御チャネルが稼働していることを示しています。出力を詳しく分析すると、以下の情報が表示されます。

  • ピアの名前。 tester2 または tester3これは、近くのルーターでも同様で、トラブルシューティングが容易になります。

  • ピアの内部識別子 48428tester2および 48429tester3。内部識別子は、0 ~ 64000 の範囲の値です。

  • ピアの状態。アップまたはダウンできます。この場合、すべてのピアが稼働しています。

  • 制御チャネルが確立されるアドレス。たとえば、 10.35.1.5.

  • 制御チャネルの状態。これは、up、down、またはアクティブです。

  • ピアによって管理されるトラフィックエンジニアリングリンク。制御チャネルを示します。 gre. 0 で管理されています tester3

サンプル出力

[リンク管理の準備-リンクの表示] コマンドを使用して、MPLS (MPLS) トラフィック設計の転送パスの設定に使用されるリソースを表示します。

ネットワーク内の3つshow link-management te-link のルーターで発行されたコマンドのサンプル図 1出力は、トラフィックエンジニアリングリンクに割り当てられているリソースを示しています。 te-tester2および te-tester3。リソースは SONET インターフェイス so-0/0/0 および so-0/0/1.対する R1 およびR2、tLSP には SONET インターフェイスが使用されています。 gmpls-r1-to-r3で示されているように、 ありとき].しかし、SONET インターフェイス so-0/0/1 対する R3がダウンしている (Dn) であり、LSP には使用されません (使用してい)。SONET インターフェイスがなぜ必要なのかを確認するには、さらに詳しく調査してください。 R3がダウンしています。

サンプル Outut

[ログの表示] を使用する filenameコマンドを実行して、指定されたログファイルの内容を表示します。この場合、ログファイル rsvp .log は [edit プロトコル rsvp traceoptions] 階層レベルで設定されます。ログファイルが構成されている場合は、モニターの開始を発行する必要があります。 filename コマンドを実行して、ファイルへのメッセージのロギングを開始します。

こちらの エラーの検索 パイプの後に入力されたオプション ( | ) は、出力を検索して用語のインスタンスを探します。 です

サンプル出力

送信ルーターからの出力例 R3 このshow log rsvp.log コマンドは、ログファイルから取得されたスニペットです。このスニペットは、LSP に対するリンク管理プロトコル (LMP) リソース要求を示しています gmpls-r1-to-r3. この要求には、エンコードタイプ (SDH/SONET) の問題があり、SONET インターフェイスとの接続にエラーが発生していることを示しています。 R2および R3。LMP の構成に関する詳細な調査 R2および R3 は必須です。

サンプル出力

Show configuration を使用します。 ステートメントパスコマンドを実行して、特定の構成階層を表示します。この例では、リンク管理を実現しています。

伝送ルーターからのサンプル出力 R2 および受信ルーター R3この show configuration protocols link-management コマンドでは、2つのルーター上のインターフェイスタイプが異なることを示しています。に割り当てられているリソース te-tester3通過ルーター R2は SONET インターフェイスであり、リソースの割り当て先として te-tester3送信ルーターで R3は ATM インターフェースです。データまたはコントロールチャネルの各端のインターフェイスタイプは同じタイプでなければなりません。この場合は、両方のエンドが SONET または ATM である必要があります。

ソリューション

ソリューション

GMPLS LSP のいずれかの端にあるさまざまなインターフェイスやカプセル化タイプの問題を解決するには、インターフェイスタイプが両端で同じであることを確認する必要があります。この場合、ATM インターフェイスは、次のリンク管理構成から削除されています。 R3、その代わりに SONET インターフェイスが構成されました。

以下のコマンドは、GMPLS LSP が稼働し、データチャネルを使用していることを確認するための正しい設定とコマンドを示しています。

サンプル出力

入口ルーターからの、 show protocols link-managementshow mpls lspおよび show link-management te-link コマンドの出力例 R3問題が解決されていることを示します。LMP は正しく構成されており、LSPgmpls-r1-to-r3 データチャネルを使用している so-0/0/1

まとめ

結論として、GMPLS データチャネルの両端は同じカプセル化またはインターフェイス型でなければなりません。この事例では、データチャネルの適切な構成を示しています。制御チャネルの原理は同じです。

ルーターの構成

ネットワーク内で受信したルーターの設定を示す出力です。こちらの これ以上のことはありませんパイプの後に入力されたオプション ( | ) 出力が端末画面の長さよりも長い場合、出力が改ページ調整されないようにします。

サンプル出力

次のサンプル出力は、入口ルーター R1 用のものです。

サンプル出力

次のサンプル出力は、伝送ルーター R2 を対象としています。

サンプル出力

次のサンプル出力は、送信ルーター R3 を対象としています。