Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ログファイルのサンプルコンテンツ

 

このトピックには、/var/log ディレクトリのサンプルコンテンツが含まれています。ローカルルーティングエンジンに格納されて /var/log/messagesいるファイルの内容を表示できます。( /var/logディレクトリはログファイルのデフォルトの場所であるため、ファイル名に含める必要はありません。このmessages ファイルは、一般的に構成されているシステムのログメッセージの宛先です。

このファイル/var/log/processesの内容を表示できます。これは、 daemon設備からメッセージを追加するように設定されています。file show コマンドを発行するときは、ファイルの完全なパス名を指定する必要があります。

文が [/var/log/processes ] 階層レベルに含まexplicit-priorityれている場合、ファイルの内容を表示できます。 edit system syslog file processes

警告メッセージによるスループット過多のサポート:

SRX4100 デバイスは、インターネットミックス (IMIX) ファイアウォールパフォーマンスの最大 20 Gbps および 7 Mpps をサポートしています。SRX4100 デバイス上で、IMIX のスループットが 20 Gbps から 7 Mpps を超えると、新しいログメッセージが記録されます。これらのログメッセージは、スループットが過剰になっていることを知らせます。show log messagesコマンドを発行すると、以下のサンプルログメッセージが表示されます。

スループットが過剰になった場合、15分ごとにシステムは 20 Gbps から 7 Mpps までの時間を分単位で計算します。スループットが1分を超えた場合、システムはログメッセージをトリガーし、30秒 (10%)、過去15分です。たとえば、次のようなログメッセージが表示されるとします。

これは、ログメッセージをトリガーしたスループットが、20 Gbps から 7 Mpps を、5分間に15分 (35% の15分) を超えたことを意味します。

このログメッセージを無効にするには、20 Gbps ~ 7 Mpps 以下のスループットレベルを下げるか、拡張パフォーマンスアップグレードライセンスをインストールすることをお勧めします。

この機能にはライセンスが必要です。ライセンス管理の一般的な情報については、 Juniper ライセンスガイドを参照してください。詳細については、 SRX シリーズサービスゲートウェイの製品データシートを参照するか、Juniper アカウントチームまたは Juniper パートナーにお問い合わせください。