Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ボタンRSVP Lsp を適切にティアリング

 

LSP が使用する RSVP セッションを適切に withdraws する2段階のプロセスで RSVP LSP を破棄することができます。正常な片付けをサポートしているすべての近隣において、破棄の要求は、ルーティングプラットフォームによって LSP の宛先エンドポイントと、パス内のすべての RSVP 近隣ノードに送信されます。RSVP パケットのADMIN_STATUSフィールド内に要求が含まれています。近隣がリクエストを受信すると、RSVP セッションをウィズドロウする準備ができます。2つ目のメッセージは、RSVP セッションの破棄を完了するためにルーティングプラットフォームによって送信されます。近隣がグレースフル片付けをサポートしていない場合、この要求は正常な切断ではなく標準のセッションの破棄として処理されます。

RSVP セッションの正常な破棄を実行するには、 clear rsvp session gracefullyコマンドを発行します。オプションとして、RSVP セッションの送信元アドレスと宛先情報、RSVP 送信者の LSP 識別子、RSVP セッションのトンネル識別子を指定できます。これらの修飾子を使用するにconnection-sourceconnection-destinationlsp-idclear rsvp session gracefullyコマンドをtunnel-id発行するときに、、、およびオプションを含めます。

ルーティングプラットフォームが、 graceful-deletion-timeout[edit protocols rsvp]階層レベルにステートメントを含めることで実際の破棄を開始する前に、近隣が正常な片付け要求を受信するまでの時間を設定することもできます。デフォルトのグレースフル削除タイムアウト値は 30 秒で、最小値は1秒で、最大値は 300 秒に設定されています。正常な削除タイムアウトに設定されている現在の値show rsvp versionを表示するには、運用モードコマンドを発行します。