Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

PTX-2-100G-for P1 で OTN インターフェイスを構成しています。 WDM

 

PTX シリーズルーターは、100-ギガビット DWDM OTN PIC (P1-2-100G-WDM) を含む光伝送ネットワーク (otn) インターフェイスをサポートします。100-Gigabit Ethernet OTN Options Configuration Overviewを参照してください。

100ギガビット DWDM OTN PIC を設定するには、次のようにします。

  1. インターフェース波長を設定します。

    wavelengthを参照してください。

    PTX-2-100G WDM PIC に対応した波長のリストについては、 100-ギガビット DWDM Otn PIC 統合型トランシーバー光インターフェイスの仕様を参照してください。

  2. レーザーを有効にします。
  3. ナTca を設定します。

    tcaを参照してください。

  4. ナトレース識別子を設定します。

    ttiを参照してください。

  5. ナ障害発生トリガーを指定します。

    triggerを参照してください。

  6. ナVLAN タグを有効にします。VLAN タグの有効化を参照してください。
  7. ナメディア MTU を設定します。Configuring the Media MTUを参照してください。
  8. ナユニット VLAN ID、ファミリinet、IP アドレスを設定します。
  9. ナFEC BER 信号を有効化-監視とバックワードの高速再接続を監視して、リンクの FEC BER の前ステータスをモニタリングし、ローカルのプリ FEC ステータスを送信された OTN フレームに挿入します。

    信号が劣化していること、signal-degrade-monitor-enableにする、およびbackward-frr-enableを参照してください。

  10. ナOTN リンクの事前転送エラー訂正 (FEC) の監視に使用する信号劣化のための、ビットエラーレート (BER) しきい値を設定します。

    1. BER 信号のしきい値を設定します。
    2. BER しきい値を設定して、警報をクリアすることができます。
    3. コレクションの信号を劣化させる時間間隔を設定します。10個の連続した間隔においてシグナルを低下させる BER しきい値を超えた後、アラームが発生します。10個の連続したインターバルで、「警報劣化」のクリア信号の BER しきい値を超えた場合、アラームは消去されます。たとえば、interval が 10 ミリ秒として設定されている場合、BER は 100 ミリ秒 (10 ミリ秒 * 10 周期) の信号劣化しきい値を超えなければなりません。警報が発生 するには、100ミリ秒のクリアしきい値を下回る必要があります。

      高いヒットしきい値を設定し、待ち時間を長くすると、内部のカウンターレジスタが飽和状態になる場合があります。このような構成はルーターによって無視され、代わりにデフォルト値が使用されます。このエラーに関するシステムログメッセージがログに記録されます。

      ber-threshold-signal-degrade」、「 ber-threshold-clear」、「interval」を参照してください。

    Understanding Pre-FEC BER Monitoring and BER Thresholdsしきい値の詳細は、FEC ber より前の監視と ber しきい値の設定について詳しく理解してください。