Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

プロバイダスイッチでの MPLS の構成

 

MPLS を実装するには、MPLS パケットの転送スイッチとして少なくとも1つのプロバイダスイッチを構成する必要があります。

MPLS では、内部ゲートウェイプロトコル (OSPF) と、コアインターフェイスのシグナリングプロトコル (RSVP)、およびすべてのスイッチのループバックインターフェイスを設定する必要があります。この手順には、プロバイダスイッチでの OSPF の構成が含まれています。

プロバイダスイッチを設定するには、以下のタスクを実行します。

  1. ループバックおよびコアインターフェイスで OSPF を構成します。

    スイッチアドレスは、ループバックインターフェイスの代替として使用できます。

    [edit protocols ospf]

    user@switch# set area 0.0.0.0 interface lo0.0

    user@switch# set area 0.0.0.0 interface xe-0/0/5.0

    user@switch# set area 0.0.0.0 interface xe-0/0/6.0

    user@switch# set area 0.0.0.0 interface ae0

  2. コアインターフェイスで MPLS を構成します。
    [edit protocols mpls]

    user@switch# set interface xe-0/0/5.0

    user@switch# set interface xe-0/0/6.0

    user@switch# set interface ae0

  3. Loopback インターフェイスとコアインターフェイスで RSVP を構成します。
    [edit protocols rsvp]

    user@switch# set interface lo0.0

    user@switch# set interface xe-0/0/5.0

    user@switch# set interface xe-0/0/6.0

    user@switch# set interface ae0

  4. ループバックインターフェイスとコアインターフェイスの IP アドレスを設定します。
    [edit interfaces]

    user@switch# set lo0 unit 0 family inet address 127.1.1.1/32

    user@switch# set xe-0/0/5 unit 0 family inet address 10.1.5.1/24

    user@switch# set xe-0/0/6 unit 0 family inet address 10.1.6.1/24

    user@switch# set ae0 unit 0 family inet address 10.1.9.2/24


  5. コアfamily mplsインターフェイスの論理ユニットを構成し、それによって MPLS パケットの転送に使用されるインタフェースを特定します。
    [edit interfaces]

    user@switch# set xe-0/0/5 unit 0 family mpls

    user@switch# set xe-0/0/6 unit 0 family mpls

    user@switch# set ae0 unit 0 family mpls