Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ドメイン間ポイントツーマルチポイント Lsp の構成

 

ドメイン間 P2MP LSP は、ネットワーク内の複数のドメインにまたがる1つ以上のサブ Lsp (支社) を持つ P2MP LSP です。このようなドメインの例としては、IGP エリアや自律システム (「含む)」などがあります。ドメイン間の P2MP LSP のサブ LSP は、入口ノード (ソース) における送信ノード (リーフ) の位置に応じて、領域内、領域間、または異なるものになる場合があります。

入口ノードでは、ドメイン間の P2MP LSP に名前が割り当てられ、すべての構成要素で共有されます。各サブ LSP は別々に構成されており、独自の送信ノードと、オプションで明示的なパスがあります。受信ノードに関するサブ LSP の送信ノードの位置によって、サブ LSP がエリア内、領域間、またはインター内であるかどうかが決定されます。

ドメイン間の P2MP Lsp を使用して、マルチエリアまたはマルチ AS ネットワーク内の以下のアプリケーションでトラフィックを転送できます。

  • レイヤー2ブロードキャストおよびマルチキャスト MPLS

  • レイヤー 3 BGP/MPLS VPN

  • VPLS

P2MP LSP のパスに沿った各ドメイン境界ノード (ABR または ASBR) ではexpand-loose-hop 、cspf が緩やかな[edit protocols mpls]ホップを拡張できるように、このステートメントは階層レベルで構成されている必要があります (通常、RSVP path メッセージによって運ばれる ero リストの最初のエントリ)。送信ノードまたは次のドメイン境界ノードです。

ドメイン間の P2MP Lsp の CSPF パス計算:

  • CSPF パス計算は、ドメイン間の P2MP Lsp 用の各サブ LSP でサポートされています。サブ LSP は、エリア内、エリア間、または同一の場合があります。CSPF は、ドメイン間の P2P LSP と同じ方法で、領域内または相互のサブ LSP を処理します。

  • 入口ノードまたはドメイン境界ノード (ABR または ASBR) で、CSPF は、RSVP クエリ単位の明示的なルートオブジェクト (ERO) 拡張を実行できます。送信された送信先が送信ノードであるか、受信したゆるやかホップ ERO である可能性があります。そのノードが接続されている近隣ドメインに宛先が存在する場合、CSPF は、宛先に到達可能な別のドメイン境界ノードへの厳密なホップ EROs のシーケンスを生成します。

  • RSVP が以前に選択したドメイン bounday ノードを通してパスを送ることができなかった場合、RSVP はラウンドロビン方式で利用可能な他のドメイン境界ノードを通過してパスを通知しようとします。

  • サブ LSP がドメイン間の P2MP LSP との間で追加または削除されると、そのパス (分岐) が現在の P2MP ツリーとともにマージまたは排除されます。その他のサブ Lsp によって取得しているパスは影響を受けないため、そのような su によるトラフィックの中断を防ぐことができます。b-Lsp。

ネットワークにドメイン間 P2MP Lsp を導入する際は、以下の点に注意してください。

  • パスの定期的な再最適化は、入口ノードでドメイン間の P2MP Lsp に対してサポートされています。ドメイン間 P2MP LSP に対しては、すべてのサブ LSP に対しoptimize-timerて同じ間隔[edit protocols mpls label-switched-path lsp-name]で階層レベルでステートメントを構成することによってオンにすることができます。

  • ドメイン間の P2MP Lsp では、リンク保護バイパス Lsp のみがサポートされています。ドメイン間の P2MP LSP に対してこの機能を有効にするには、すべてのサブ Lsp についてリンク保護を構成し、P2MP LSP が移動する可能性のあるすべての RSVP インターフェイスに対して設定する必要があります。

  • ドメイン間の P2MP Lsp では、OSPF エリアのみがサポートされています。IS-IS レベルはサポートされていません。