Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ノードリンク保護の構成

 

ノードリンク保護を構成するには、2つの作業が含まれます。最初の部分では、バイパスパスの使用を必要とする、保護されたノードを通過する Lsp に対してノードリンク保護を設定し、2つ目のパートでは LSP のルーターの送信 RSVP インターフェイスにリンク保護を設定します。

アクション

ノードリンク保護を構成するには、以下の手順を実行します。

  1. 設定モードで、以下の階層レベルに移動します。

    たとえば、以下のように記述します。

  2. LSP のノードリンク保護を構成します。

  3. LSP のノードリンク保護の構成を確認します。

  4. インターフェイスのリンク保護を構成します。

    たとえば、以下のように記述します。

  5. リンク保護の構成:

  6. インターフェイスのリンク保護構成を確認し、両方の設定をコミットします。

  7. バイパスパスの使用を求める Lsp があるその他の受信ルーター上で、ステップ1からステップ3までを繰り返します。

  8. LSP のアウトゴーイングインターフェイスを使用して、ルーターでステップ4とステップ5を繰り返します。

サンプル出力

以下の出力例は、多対1またはリンク保護で示されているネットワークの受信ルーター R1 におけるノードリンク保護の構成を示しています。

サンプル出力は、LSP のノードリンク保護の構成を示しています。ノードリンク保護を構成すると、バイパスパスが通知され、障害が発生した場合に保護されたリンクまたはノードを回避できます。バイパスパスを使用できるということは、保護されたノードを通過する Lsp の防御機能ではありません。バイパスパスからメリットnode-link-protectionを得られる各 LSP については、受信ルーター上にステートメントを含める必要があります。