Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

MPLS ネットワークの CoS ビットの構成

 

トラフィックがラベル付きスイッチパス (LSP) トンネルに入った場合、MPLS ヘッダーの CoS ビットは次のいずれかの方法で設定されます。

  • パケットロス優先度 (PLP) ビット MPLS がパケットをバッファリングされた出力キューの番号で、packet の CoS 値として’使用されます。この動作はデフォルトであり、設定する必要はありません。ここJunos OS Class of Service User Guide for Routing Devicesでは、 IP CoS の値について説明し、CoS ビットがどのように扱われるかについてまとめています。

  • LSP トンネルに送信されるすべてのパケットで固定 CoS 値を設定します。固定 CoS 値は、LSP に入ってくるすべてのパケットに同じクラスのサービスを提供することを意味します。

LSP に入力するすべてのパケットに固定 CoS 値を設定するには、次のようにします。

  1. LSP のサービス値のクラスを指定します。

    階層レベルでclass-of-serviceステートメントを使用して設定された CoS 値は、インターフェイスに[edit protocols mpls]対して階層レベルで設定された CoS 値よりも優先されます。 [edit class-of-service] 実際には、LSP に対して設定された CoS 値は、インターフェイスの CoS の値を上書きします。

    [edit protocols mpls]

    user@switch# set class-of-service cos-value