Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

アグリゲート イーサネット リンクの設定(CLI手順)

 

リンク アグリゲーション機能を使用して1つ以上のリンクを集約し、仮想リンクまたはLAG(リンク アグリゲーション グループ)を形成します。MACクライアントは、この仮想リンクを単一リンクのように扱うことで、帯域幅を拡大し、障害発生時に緩やかな劣化を提供し、可用性を高めることができます。

Note

IPアドレスがすでに設定されているインターフェイスは、アグリゲーション グループの一部になれません。

Junos OS Evolvedでは、新しいインターフェイスがメンバーとしてアグリゲート イーサネット バンドルに追加されると、リンク フラップ イベントが生成されます。インターフェイスをバンドルに追加すると、物理インターフェイスは通常のインターフェイスとして削除され、その後メンバーとして再度追加されます。この間、物理インターフェイスの詳細は失われます。

CLIを使用してアグリゲート イーサネット インターフェイスを設定するには、次の手順に従います。

  1. 作成するアグリゲート イーサネット インターフェイスの数を指定します。
    [edit chassis]

    user@switch# set aggregated-devices ethernet device-count number
  2. アグリゲート イーサネット バンドルのリンク速度を指定します。
    [edit interfaces]

    user@switch# set ae0 aggregated-ether-options link-speed speed
  3. アグリゲート イーサネット バンドル内に含めるメンバーを指定します。コミット エラーを回避するには、アグリゲート イーサネット バンドルに含めるメンバーを指定する前に、RTSP設定からLACPに追加されたインターフェイスを削除する必要があります。
    [edit interfaces]

    user@switch# set xe-fpc/pic/port ether-options 802.3ad ae0

    user@switch# set xe-fpc/pic/port ether-options 802.3ad ae0
  4. アグリゲート イーサネット バンドルのインターフェイス ファミリーを指定します。
    [edit interfaces]

    user@switch# set ae0 unit 0 family inet address address
  5. (オプション)アグリゲート イーサネット インターフェイスの最小リンク数を指定します(aex)。これはラベル付けする定義済みバンドルです。Note

    デフォルトでは、ラベル付けするバンドル用のリンクは1つだけです。

    [edit interfaces]

    user@switch# set ae0 aggregated-ether-options minimum-links number

LAGへのLACPの追加について、詳しくはConfiguring Aggregated Ethernet LACP (CLI Procedure)を参照してください。