Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

VLAN の構成

 

VLAN には、レイヤー 2 の学習と転送に参加する論理インタフェースのセットが含まれている必要があります。必要に応じて、vlan 識別子とレイヤー3インターフェイスを構成することで、レイヤー 3 IP ルーティングもサポートできます。

VLAN を有効にするには、以下のステートメントを含めます。

VLAN 名にスラッシュ (/) 文字を使用することはできません。その場合、構成はコミットされず、エラーが生成されます。

このvlan-id文では、有効な VLAN 識別子を指定するか、 なしまたは すべてのオプション。

VLAN に論理インタフェースを1つ以上含めるには、 interface-name[edit interfaces]階層レベルで設定したイーサネットインターフェイス用です。

最大 4096 のアクティブ論理インタフェースが、レイヤー 2 ブリッジング用に設定された仮想プライベート LAN サービス (VPLS) インスタンスの VLAN または各メッシュグループに対してサポートされます。

デフォルトでは、各 VLAN は、 vlan に属するポートで受信したパケットから得られたメディアアクセス制御 (MAC) アドレスを含むレイヤー2転送データベースを保持しています。レイヤー 2 転送のプロパティを変更することができます。たとえば、システム全体または VLAN で mac 学習を無効にしたり、特定の論理インターフェイスに静的な mac アドレスを追加したり、システム全体で学習される mac アドレス数を制限したりします。または論理インタフェースです。

また、転送ループを回避するようにスパニングツリープロトコルを構成することもできます。