Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

インラインポートミラーリングの構成

 

インラインポートミラーリングでは、ファイアウォールフィルタ’でフレキシブル PIC コンセントレーター (FPC) にバインドされていないインスタンスを指定することができます。 その後、ポートミラーリングインスタンス対応. この方法では、FPC ごとに2個のポートミラーインスタンスのみを使用するように制限されます。インラインポートミラーリングでは、ポートミラーの宛先が、次のような入力パラメーターから分離されています。 レート。スイッチインターフェイスボードで入力パラメーターがプログラムされている間、パケット自体では、ミラーパケットの次ホップ宛先を使用できます。インラインポートミラーリングは、Trio ベースのモジュラーポートコンセントレーター (MPCs) でのみサポートされています。

インラインポートミラーリングを使用すると、ポートミラーインスタンスに、次の CLI 設定例に示すように、それを指定した別のインスタンスから入力パラメーターを継承するオプションが用意されています。

複数レベルの継承は許可されていません。1つのインスタンスを複数のインスタンスから参照することができます。インスタンスは、その前に定義された別のインスタンスを参照できます。前方参照は許可されず、インスタンスがそれ自体を参照することはできません。そのようにすると、構成の解析中にエラーが発生します。

ユーザーは、ファイアウォールフィルタで FPC にバインドされていないインスタンスを指定できます。指定されたフィルタは、FPC にバインドされている2つのインスタンスのいずれかを継承する必要があります。そうでない場合、パケットはポートミラーリングにマークされません。その場合、そのパケットは参照されたインスタンスが指定する入力パラメーターを使用してサンプリングされますが、コピーはその宛先に送信されます。