Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

Junos OS を実行しているデバイスでのユーザー アカウントの設定

 

このトピックでは、root アカウントを使用して Junos OS を実行しているデバイスにログオンする方法と、新しいユーザー アカウントを設定する方法について説明します。自分自身のアカウントを設定したり、テスト アカウントを作成したりできます。

デバイスに新しいユーザー アカウントを設定するには、次の手順に従います。

  1. root としてログインし、設定モードにします。

    [edit])プロンプトのバナーは、階層の最上位で設定編集モードになっていることを示しています。

  2. 設定の [edit system login] セクションを次のように変更します。

    角括弧で囲まれたプロンプトが [edit system login] に変わり、階層内の新しいレベルであることを示します。

  3. ここで、新しいユーザー アカウントを追加します。

    この例では、アカウント nchen を追加します(ネイサン・チェン用)。

    Note

    Junos OS リリース 12.2 以降では、ユーザー アカウント名にピリオド(.)を含めることができます。たとえば、nathan.chen という名前のユーザー アカウントを持つことができます。ただし、ユーザー名の先頭または末尾にピリオドを使用することはできません。

  4. アカウントのフル ネームを設定します。名前にスペースを含める場合は、名前全体を引用符(“ ”)で囲みます。
  5. アカウント クラスを設定します。アカウント クラスには、アカウントのユーザー アクセス権限を設定します。
  6. アカウントの認証方法とパスワードを設定します。

    新しいパスワードのプロンプトが表示されたら、システムで暗号化が可能なクリアテキストのパスワードを入力し、新しいパスワードを確認します。

  7. 設定をコミットします。

    設定の変更は、設定をコミットするまでアクティブになりません。コミットが正常に完了すると、 commit complete メッセージが表示されます。

  8. 設定の最上位レベルに戻り、次のように終了します。
  9. デバイスからログアウトします。
  10. 変更をテストするには、設定したばかりのユーザー アカウントとパスワードを使用して再度ログインします。

    ログイン時に、コマンド プロンプトで新しいユーザー名を確認できます。

これで、CLI を使用してデバイスの状態を表示し、簡単な設定変更ができました。Junos OS の CLI 機能の詳細については、このセクションに記載されている関連トピックを参照してください。

Note

例を含めた、デバイスの設定に必要なコマンドの詳細については、『Junos OS 設定ガイド』を参照してください。