Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

現在の Junos OS 設定の表示

 

Junos OS を実行しているデバイスの現在の設定を表示するには、設定モードで show コマンドを使用します。このコマンドを実行すると、現在の階層レベルまたは指定したレベルの設定が表示されます。

設定のステートメントは決まった順序で表示されます。インターフェイスは、タイプ別のアルファベット順、次にスロット番号、PIC 番号、ポート番号の番号順に表示されます。ルーターの設定時には、ステートメントを任意の順序で入力できます。

また、CLI 動作モード show configuration コマンドを使用して、最後にコミットされた設定を表示することもできます。この設定が、ルーター上で現在実行されています。

設定を表示する場合、設定の最上部にあるタイムスタンプは、設定が最後に変更された日時を示します。

特定の階層レベルで必須のステートメントを除外した場合、設定モードで show コマンドを発行すると、メッセージには欠落しているステートメントが表示されます。必須のステートメントが欠落していると、 show コマンドを発行するたびにこのメッセージが CLI に表示され続けます。たとえば、以下のように記述します。

CLI 設定にサポートされていないステートメントが含まれている場合、そのステートメントは “unsupported” というテキストと共に設定に表示されます。たとえば、サポートされていないプラットフォームでステートメントが設定されている場合、CLI は、そのステートメントがサポートされていないプラットフォームで設定されているため、設定で無視されるというメッセージを表示します。| display xml オプション付きで show コマンドを発行すると、サポートされない設定の unsupported="unsupported” 属性を確認できます。

テキストの設定または XML の設定に含まれた “unsupported” 属性は、unsupported="unsupported" 属性が <get-configuration> RPC コールに含まれている場合、スクリプトに渡されます。