Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

Junos OS 構成グループの適用

 

Junos OS 設定で構成グループのステートメントを継承するには、以下のapply-groupsステートメントを含めます。

複数のグループ名を指定する場合は、継承優先度の順にリストを表示します。最初のグループの設定データは、その後のグループのデータよりも優先されます。

複数のルーティングエンジンをサポートするルーターでは、 re0名前re1 の指定とグループ化を行うことができます。Group re0で指定された設定は、現在のルーティングエンジンがスロット0にある場合にのみ適用されます。同様に、group re1で指定された設定は、現在のルーティングエンジンがスロット1にある場合にのみ適用されます。したがって、どちらのルーティングエンジンも、それぞれに適用される構成ステートメントのみを使用して、同じ設定ファイルを使用できます。各re0グループre1には、少なくともホスト名と管理インターフェイス (fxp0) の設定が含まれています。各ルーティングエンジンが異なる管理インターフェイスを使用している場合、そのグループにはバックアップルーターと静的ルートの構成も含まれていなければなりません。

TX マトリクスプラスルーター、ルーティングマトリクスの T1600 ルーター、PTX シリーズパケットトランスポートスイッチに使用される管理イーサネットインターフェイスはem0、です。

構成階層の各レベルapply-groupsには、1つのステートメントのみを含めることができます。特定apply-groupsの階層レベルのステートメントには、包含文’s の構成グループのリストに追加する構成グループがリストされます。

特定の階層レベルで指定された値は、構成グループから継承した値を上書きします。

ネストapply-groupsされた文のグループは、外側の文でグループ全体を優先します。次の例では、BGP neighbor 10.0.0.1は、まずグループoneから、次に、グループtwothreeから構成データを継承しています。グループone内の設定データは、他のグループのデータを上書きします。グループからのデータtenステートメントが他のどのグループにも含まれていない場合にのみ使用されます。

ルートレベル—に対して定義されているグループを構成すると、デフォルトの–論理システムでは、そのグループを[edit logical-systems logical-system-name]階層レベル以下のデフォルト以外の論理システムに正常に適用できません。グループを適用すると、ルーターがコミットを受け入れることができますが、デフォルト以外の論理システムでは設定グループは有効になりません。代わりに、ルートレベルで追加の設定グループを作成して、論理システム内で適用することもできます。または、元のグループを変更して、デフォルトの論理システム階層レベルと非既定値である、両方の設定を含むようにすることもできます。