Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

[排他的な構成] コマンドの使用

 

設定モードとしてconfigure exclusiveコマンドを入力すると、設定モードになっている限り、候補グローバル構成 (共有構成または共有構成データベースとも呼ばれる) がロックされ、他のユーザーの干渉なしに変更を加えることができます。他のユーザーは設定モードを入力して終了できますが、構成をコミットすることはできません。

別のユーザーが構成をロックしていて、その人を強制的にログアウトする必要がある場合は、運用モードコマンドを入力します。 request system logout pid pid_number

設定モードになり、他のユーザーも同様に設定モードになっており、設定がロックされている場合、そのユーザーと、ユーザーが表示または編集している構成の部分がメッセージによって識別されます。

エクスクルーシブモード設定では、次のことを終了すると、コミットされていない変更は廃棄します。

このyesオプションを使用して排他モードの設定を終了すると、Junos OS はコミットされていない変更を破棄して、構成をロールバックします。このnoオプションを選択すると、編集を続行するか、「エクスクルーシブモードを設定」で変更をコミットできます。

別のユーザーがプライベートモードを構成しているときに、ユーザーが設定エクスクルーシブモードから終了すると、Junos OS はコミットされていない変更をロールバックします。

configure exclusiveコマンドとともに設定モードにして問題をcommit confirmed解決し、コミットを確認していない場合は、自動ロールバックがトリガーされます。自動ロールバックが実行されると、管理デーモン (・マネージャー) はセッションから排他ロックを削除し、その結果と“して、エラー”メッセージアクセスが取り消されたことを示します。これは、セッションが排他的セッションではなくなったためです。

エクスクルーシブセッションの設定を開始し、コミットcommit confirmedを確認し、排他ロックがセッションに保持されている場合