Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

IS-IS 固有のオプションを設定します。

 

目的

予期しないイベントや問題が発生した場合や IS-IS 隣接関係の問題を診断する場合は、IS-IS 特有のオプションを設定することで、より詳細な情報を表示できます。

IS-IS オプションを設定するには、以下の手順に従います。



詳細な IS-IS プロトコル情報を表示する

アクション

IS-IS メッセージを詳細にトレースするには、以下の手順を実行します。

  1. フラグを設定して、詳細 IS-IS プロトコルメッセージを表示します。

  2. 構成を確認します。

    たとえば、以下のように記述します。

  3. 構成をコミットします。

  4. 詳細なメッセージを含むファイルの内容を表示します。

    たとえば、以下のように記述します。

表 1IS-IS に固有の設定が可能なトレーシングフラグをリストし、いくつかのフラグの出力例を示します。

表 1: IS-IS プロトコルトレースフラグ

トレースフラグ

説明

出力例

csn

完全なシーケンス番号 PDU (CSNP)

11月 28 20:02:48、インターフェイスで L2 CSN を送信-1/1/0.0 (28 20:02:48 年11月)-1/1/1.0 のインターフェイスで L2 CSN を送信

として 詳述ボタン.

11月 28 20:06:08、インターフェイスに L2 CSN を送信しています。-1/1/1.0 (28 20:06:08 LSP abc)-01.00-00 有効期間1146Nov 月 28 20:06:08 シーケンス0x1c4f8 チェックサム 0Xa-00 28 20:06:08 11 月2日11月--28 20:06:08 lifetime20:06:08 LSP abc-brdr-01.00-00 lifetime 465Nov 月 28 20:06:08 シーケンス0xf73 チェックサム0xab10Nov 月 28 20:06:08 LSP abc-01.00-00 有効期限 10 89 11 月 28 20:06:08 シーケンス0x1616 チェックサム0Xab10nov 月 28 20:06:08 LSP abc-02.00-00 有効期間 110 ~ 11 月 28 20:06:08シーケンス0x45cc チェックサム 0x688 3

こんにちは

Hello パケット

11月 28 20:13:50、IIH/1/1.0 で PTP を送信しています。11月 28 20:13:50 に PTP IIH を受信しました。そのため、-1/1/0.0 で 28 20:13:53 を受信しました。そのため、は、1/1/28 20:13:57 1.0 に 28 20:13:58 送信されました。, 送信元 id abc-01-1/1/0.0、28 20:13:59 年11月 1/1/1.0 で PTP IIH を送信しています

lsp

リンク状態 Pdu (Lsp)

11月 28 20:15:46、L2 LSP abc エッジ 01.00-00、インターフェイスは、161年 28 20:15:46 11 月 1/1/0.0 (abc コア) 28 20:15:46 シーケンス 0x 7、checksum 0xd92a、lifetime 11 9711 月 28 20:15:46 の更新 L2 LSP abc エッジ-01.00-00 (28 20:15:47 11 月) 受信した L2 LSPabc エッジ-01.00-00, インターフェイス-1/1/1.0、28 20:15:47 年11月2日-02 28 20:15:47 シーケンス0x1617、チェックサム0xd92a、有効期間1197

lsp-生成

リンク状態 PDU 生成パケット数

28 20:21:24 年11月-03.00-00、古いシーケンス0x682Nov の再構築 L1、フラグメント abc-03.00-03.00-00、28 20:31:52 59Nov LSP は、年11月2日に再生成される L1 フラグメント abc エッジとしての 03.00-00 (旧)シーケンス0X689 年11月 28 20:31:54 の再構築 L2、フラグメント abc-03.00-00Nov 再構築される L2 フラグメント abc-03.00-00、サイズ256年11月 28 20:34:05、L1 LSP abc エッジ-03.00-00、古いシーケンス0X689nov の再構築 L1、fragmentabc edge-03.00-00Nov 年11月、L1 フラグメント abc エッジ 03.00-00、size 59

送出

すべて IS-IS プロトコルパケット

利用できません。

psn

一部のシーケンス番号 PDU (PSNP) パケット

11月 28 20:40:39 で受信された L2 PSN、ソース abc-01、-1/1/0.0 (28 20:40:39) 受信 L2 PSN、ソース abc-02、28 20:41:36、l2 psn for 28 20:41:36 interface-1/1/1.0 11 月-1/1/1.0 11 月28日-1/1/0.0 (2001 年11月)20:42:35 受信 L2 PSN、ソース abc-02、インターフェイス so-1/1/1.0 (28 20:42:35 LSP abc-03.00-00) 11 月 28 20:42:35 シーケンス0x68c チェックサム 0X746d1128 20:42:35 受信 L2 PSN、出典 abc core-01、インターフェイス x 1/1/0.0 (28 20:42:35 年11月)03.00-00 有効期間 1196 11 月 28 20:42:35 シーケンス0x68c チェックサム 0x746dNov 28 20:42:49 L2 PSN をインターフェイスに送信しています。-1/1/1.0 11 月 28 20:42:49 LSP abc-01.00-00 有効期限 11 9711 月 28 20:42:49 シーケンス0x1c4fb チェックサム 1 ~ 11 月 28 20:42:49 送信 L2インターフェイスで PSN-1/1/0.0 (11 月 28 20:42:49 LSP abc-01.00-00 有効期間 11 9728 20:42:49 シーケンス0x1c4fb チェックサム 0x9bec)

spf

最短パスファースト (SPF) の計算

11月 28 20:44:01 (L1) 用 SPF のスケジューリング: の再構築 (11 月 28 20:44:01) L1 のマルチキャスト SPF: 11月 28 20:44:01 の再構築 L2 用の SPF のスケジューリング: 11月 28 20:44:01 の再構築マルチキャスト SPF に関する L2 へのスケジューリング: SPFNov の ReconfigNov を実行している L1 28 20:44:02 L1 SPF 初期化完了: 0.000099 s 累積 timeNov 28 20:44:02 L1 SPF プライマリ処理の完了: 0.000303 s 累積 timeNov 28 20:44:02 L1 SPF の結果後処理完了: 0.000497 s 累積 timeNov 28 20:44:02 L1 SPF リブポストアウト完了: 0.000626 s 累積 timeNov 28 20:44:02 L1 SPF ルーティングテーブルポストプロセス完了: 0.000736 s 累積時間



送信または受信した IS-IS プロトコルパケットの表示

送受信 IS-IS プロトコルパケットのみをトレースするように設定するには、以下の手順を実行します。

  1. 送信および受信されたパケットを送信、受信、またはその両方に表示するようにフラグを設定します。

    または

    または

  2. 構成を確認します。

    たとえば、以下のように記述します。

    または

    または

  3. 構成をコミットします。

  4. 詳細なメッセージを含むファイルの内容を表示します。

    たとえば、以下のように記述します。



IS-IS のリンク状態 Pdu の詳細な分析

IS-IS のリンク状態 Pdu を詳細に分析するには、以下の手順に従います。

  1. オープンメッセージ IS-IS 設定します。

  2. 構成を確認します。

    たとえば、以下のように記述します。

  3. 構成をコミットします。

  4. 詳細なメッセージを含むファイルの内容を表示します。

    たとえば、以下のように記述します。