Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

リンク障害管理イベントに対して実行するアクションを指定します。

 

構成されたリンク障害イベントが発生したときに、システムによって実行されるアクションを指定できます。複数のアクションプロファイルを単一のインターフェイスに適用できます。各アクションプロファイルについて、少なくとも1つのイベントと1つのアクションを指定する必要があります。アクションプロファイル内のすべてのイベントが真である場合にのみ、アクションが実行されます。複数のアクションが指定されている場合は、すべてのアクションが実行されます。

エラーをログに記録したり、重要なイベント TLV を送信するなどの別のアクションにより高いしきい値を設定したりするなど、特定のアクションに対してしきい値を低く設定することができます。

アクションを指定するには、 action以下のよう[edit protocols oam ethernet link-fault-management action-profile profile-name]に階層レベルのステートメントを追加します。

リンク障害イベントが発生したときにシステムログエントリを作成するにsyslogは、ステートメントを含めます。

リンク障害イベントが発生したときにリンクを管理しないようlink-downにするには、ステートメントを含めます。

リンク障害イベントが発生したときに、IEEE 802.3 ah リンクイベント TLVs OAM PDU で送信するにsend-critical-eventは、ステートメントを含めてください。

アクションプロファイルに複数のアクションが指定されている場合、すべてのアクションが特定の順序で実行されるわけではありません。