Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

CFM の Linktrace プロトコルを構成しています

 

リンクトレースプロトコルは、1組の保守ポイント間のパス検出に使用されます。Linktrace メッセージは、管理者がtracerouteコマンドを使用して、同じ保守関連の meps との間のパスを確認するためにトリガーされます。Linktrace メッセージを使用して、MEP と、同じ保守ドメイン下の MIP との間のパスを検証することもできます。Linktrace プロトコルを使用すると、応答を待機する時間を設定できます。Linktrace request メッセージに対する応答が受信されなかった場合、その間隔が経過すると、要求と応答エントリが削除されます。また、対応するリンクトレース要求に対して保存されるリンクトレース応答エントリの数を設定することもできます。

IEEE 802.1 ag linktrace request および response メッセージの運用は、レイヤー 3 tracerouteコマンドの操作に似ています。このコマンドのtraceroute詳細については、 Junos OS Administration Library for Routing Devicesを参照してください。

Linktrace プロトコルを構成するには、次のようにします。

  1. [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management] 階層レベルでリンクトレース応答を待機する時間を設定します。値は、分単位または秒単位で指定できます。デフォルト値は10分です。
  2. リンクトレース応答エントリの数を、linktrace 要求ごとに格納するように設定します。1 ~ 500 の値を指定できます。デフォルト値は100です。