Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

イーサネットインターフェイスでのインターフェイス速度の設定

 

M Series と T Series 高速イーサネット12ポートおよび48ポート PIC インターフェイス、管理イーサネットインターフェイス (fxp0またはem0)、MX シリーズトライレートイーサネット銅線インターフェイスについては、インターフェイスの速度を明示的に設定できます。高速イーサネット、 fxp0およびem0インターフェイスは、10 Mbps または 100 mbps (10m | 100m)に設定できます。MX シリーズの3レートのイーサネット銅線インターフェイスは、10 mbps、100 Mbps、または 1 (10m | 100m | 1g)Gbps に設定できます。管理イーサネットインターフェイスについて、およびルーターの管理イーサネットインターフェイスタイプを決定する方法については、「管理イーサネットインターフェイスサポートされているルーティングエンジンの詳細」を参照してください。 DPC mx シリーズルーターは、10BASE とトライレート銅線 sfp を使用して、20x1 銅線をサポートし、シリアルギガビット Media 独立インターフェイス (SGMII) インターフェイス

  1. 設定モードで、 [edit interfaces interface-name]階層レベルに移動します。
  2. 速度を設定するには、 speed[edit interfaces interface-name]階層レベルでステートメントを追加します。
  • デフォルトでは、M Series と T Series ルーター管理イーサネットインターフェイスが、10 mbps (メガビット/秒) または 100 mbps で動作するかどうかを autonegotiates しています。他のすべてのインタフェースは、PIC タイプに基づいて適切な速度を自動的に選択し、PIC がマルチプレクシングモードで動作no-concatenateするように[edit chassis]設定されているかどうかを設定します (構成階層内の文を使用)。

  • Junos OS リリース14.2 から開始するauto-10m-100mこのオプションを使用すると、固定された3倍速ポートを100m自動10mネゴシエートする際に、制限を受けたり、最大速度でポートを使用したりできます。このオプションを有効にする必要があるのは、3レート MPC ポート、つまり 3D 40x 1GE (LAN) RJ45 MIC (MX プラットフォーム) の場合のみです。このオプションは、MX プラットフォームでの他の Mic をサポートしていません。

  • M Series と T Series ルーターで高速イーサネットインターフェイスを手動で設定する場合、リンクモードと速度の両方を設定する必要があります。これらの値が両方とも構成されていない場合、ルーターはリンクに対して自動ネゴシエーションを使用し、ユーザーが設定した構成を無視します。

  • リンクパートナーが自動ネゴシエーションをサポートしていない場合は、高速イーサネットポートを手動で設定し、リンクパートナーのスピードとリンクモードを一致させます。リンクモードが設定されている場合、自動ネゴシエーションは無効になります。

  • 3レート銅線 SFP インターフェイスを使用した MX シリーズルーターでは、ポート速度が設定した値にネゴシエートされ、ネゴシエートされた速度とインターフェイス速度が一致しない場合、リンクは起動しません。

  • トライレートのイーサネット銅線インターフェイスを構成して 1 Gbps で動作させる場合は、自動ネゴシエーションを有効にする必要があります。

  • Junos OS リリース11.4 から始めると、トライレートのイーサネット銅線インターフェイスでは、半二重モードはサポートされなくなります。speedステートメントを含める場合は、 link-mode full-duplexステートメントを同じ階層レベルに含める必要があります。

関連項目

Release History Table
リリース
説明
Junos OS リリース14.2 から開始するauto-10m-100mこのオプションを使用すると、固定された3倍速ポートを100m自動10mネゴシエートする際に、制限を受けたり、最大速度でポートを使用したりできます。このオプションを有効にする必要があるのは、3レート MPC ポート、つまり 3D 40x 1GE (LAN) RJ45 MIC (MX プラットフォーム) の場合のみです。このオプションは、MX プラットフォームでの他の Mic をサポートしていません。
Junos OS リリース11.4 から始めると、トライレートのイーサネット銅線インターフェイスでは、半二重モードはサポートされなくなります。speedステートメントを含める場合は、 link-mode full-duplexステートメントを同じ階層レベルに含める必要があります。