Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

フィルタプロファイルの設定

 

フィルタプロファイルは、収集されたエラーおよび統計情報を指定し、ファイルに書き込みます。フィルタプロファイルでは、統計が収集されるカウンター名を指定する必要があります。

フィルタプロファイルを設定するには、 filter-profile次のよう[edit accounting-options]に階層レベルのステートメントを追加します。

フィルタプロファイルを適用するには、 accounting-profile階層レベルの[edit firewall filter filter-name]ステートメントを追加します。

フィルタプロファイルを設定するには、以下のセクションで説明されているタスクを実行します。

カウンターの構成

統計情報は、フィルタプロファイルで指定されたすべてのカウンターについて収集されます。カウンターを設定するには、 counters以下のよう[edit accounting-options filter-profile profile-name]に階層レベルにステートメントを追加します。

ファイル情報の設定

各アカウンティングプロファイルは、 /var/logその統計情報をディレクトリ内のファイルに記録します。

どのファイルを使用するかを設定するfileには、 [edit accounting-options filter-profile profile-name]階層レベルのステートメントを含めます。

[edit accounting-options]階層レベルですでに設定されているフィルタプロファイルのファイル名を指定する必要があります。

ログファイルの1行あたりの合計文字数の上限は1023に相当します。この制限を超えると、ログファイルに書き込まれた出力は不完全になります。この文字制限を超えないように、カウンターまたは要求データの数を制限してください。

設定されているファイルサイズまたは転送間隔が上限を超えると、Junos OS はファイルを閉じて新しいものを開始します。デフォルトでは、転送間隔の値は30分です。転送間隔が設定されていない場合、Junos OS はファイルを閉じて新しいファイルを開始します。設定した値を超えた場合、またはデフォルトの転送間隔の値が30分を超えている場合。30分ごとにファイルを転送しないようにするには、転送間隔に別の値を指定します。

間隔の構成

アカウンティングプロファイルが有効になっている各フィルターには、アカウンティングプロファイルに指定された頻度で1回収集した統計が含まれます。統計収集時間は、設定された間隔で均等にスケジュールされます。間隔を設定するには、 interval次のよう[edit accounting-options filter-profile profile-name]に階層レベルでステートメントを追加します。

許可される最小間隔は1分です。多数のフィルター用にアカウンティングプロファイルの頻度を低く設定すると、パフォーマンスが大幅に低下する可能性があります。

このintervalステートメントの範囲は、1 ~ 2880 分です。デフォルトは 30 分です。