Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

MS-CHAPv2 を構成してパスワード変更サポート (CLI 手続き) を提供

 

EX シリーズスイッチの Junos OS を使用して、Microsoft Corporation がスイッチ上でチャレンジハンドシェイク認証プロトコルバージョン 2 (MS-CHAPv2) の実装を設定し、パスワード変更のサポートを提供できるようになります。スイッチに MS-CHAPv2 を設定することでスイッチにアクセスできます。パスワードの有効期限が切れたときにパスワードを変更するオプション、リセットされた場合、または次回のログイン時に変更されるように設定されている場合

RFC 2433 を参照してください。 Microsoft PPP CHAP 拡張機能、ms-chap の詳細についてはを参照してください。

MS-CHAPv2 を設定してパスワード変更のサポートを提供する前に、以下のことを確認してください。

MS-CHAPv2 を設定するには、以下のように指定します。

[edit system radius-options]


user@switch# set password-protocol mschap-v2

パスワードを変更するには、そのスイッチに対する必要なアクセス権を持っている必要があります。

関連項目