Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ハードウェア支援のタイムスタンプオプションを有効にする

 

デフォルトでは、イーサネットフレーム遅延測定は、ソフトウェアを使用してタイムスタンプを送信し、ETH フレームを受信します。イーサネットインターフェイスでは、ハードウェアタイミングを使用して、受信した ETH DM フレームのタイムスタンプをサポートし、遅延測定の精度を向上させることができます。

受信したフレームのハードウェア支援タイムスタンプを有効にすると、受信方向で大量のトラフィックが発生し、DPC が読み込まれたときに、ETH の計算精度が向上します。

受信パスにおけるイーサネットフレーム遅延測定ハードウェア支援を有効にするhardware-assisted-timestampingには、 [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management performance-monitoring]階層レベルのステートメントを追加します。