Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

スイッチの反復子プロファイルの設定 (CLI プロシージャ)

 

イーサネットフレーム遅延測定は、特定のサービスで遅延測定をトリガーするための事業者の制御機能を提供します。また、サービス品質保証契約 (Sla) の監視にも使用できます。そのパラメーターを使用して反復子プロファイルを作成することで、SLA 測定パケットを ITU-T の形で定期的に送信することができます。 y.1731 準拠フレームは、双方向の遅延に対応します。

イテレータプロファイルを作成するには、次のようにします。

  1. SLA 反復子プロファイル—の名前を指定しますたとえば、i1:
  2. ナSLA フレームのバックツーバック伝送の間隔 (ミリ秒単位) を設定します。
  3. ナイテレーションあたりの最大サイクル数を示すイテレーション期間を構成します (反復子に登録される接続数は、この値を超えることはできません)。
  4. 測定タイプを2方向遅延の測定として設定します。
  5. ナ遅延の計算ウエイトを設定します。
  6. ナ遅延偏差の計算ウエイトを設定します。
  7. リモート MEP を反復子プロファイルとともに設定します。