Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

破棄インターフェイスの設定

 

破棄 (dsc) インターフェイスは物理インターフェイスではありませんが、パケットを破棄する仮想インターフェイスではありません。1つの破棄インターフェイスを設定できます。 ネットワークが攻撃を受けているときは、ターゲットホスト IP アドレスが特定され、ローカルポリシーによって、攻撃パケットが discard インターフェイスに転送されます。破棄インターフェイスからルーティングされたトラフィックは、黙って破棄します。

以下のセクションでは、 破棄インターフェイスの構成:

Configuring と Usage な 破棄インターフェイス

破棄インタフェースを設定するには:

  1. 設定モードで、 [edit interfaces]階層レベルに移動します。
  2. 破棄インターフェイスを構成します。Dsc ’’を使用して破棄インターフェイスを設定し、破棄インターフェイスがすでに設定されていないことを確認する必要があることに注意してください。
  3. 論理インターフェイスとプロトコルファミリーを構成します。
  4. 必要に応じて、破棄インタフェースに出力フィルタを適用します。

    入力フィルターは、このコンテキストに影響を与えません。

  5. 構成をコミットして、階層レベルの最上位に移動します。

出力フィルタを設定し、出力ポリシーを適用します。

ネットワークに挿入されたルートにコミュニティを設定するには、出力ポリシーを構成する必要があります。

出力ポリシーを設定します。

  1. 設定モードで、 [edit policy-options]階層レベルに移動します。
  2. ルーティングポリシーを構成します。
  3. 名前を使用してポリシー条件を構成します。
  4. 名前に一致するように、ルートのリストを構成します。
  5. If と to 条件がthenステートメントと一致した場合に実行されるアクションを設定します。この場合、ルートに関連付けられた BGP のコミュニティープロパティ (設定、追加、削除) を設定します。
  6. 構成をコミットして、階層レベルの最上位に移動します。