Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

デフォルトの DHCP サーバーの実装に含まれていないユーザー定義の DHCP オプションの作成 Junos

 

DHCP サーバーのデフォルト Junos 実装に含まれていない1つ以上のユーザー定義オプションを設定できます。たとえば、クライアントが DHCP サーバーに含まれていない DHCP オプションを要求した場合は、ユーザー定義オプションを作成して、サーバーがクライアント’の要求に応答できるようにすることができます。

ユーザーが定義した DHCP オプションを設定するにoptionは、以下のステートメントを含めます。

このoptionステートメントは、以下の値を指定します。

  • id-番号—任意の整数を指定できます。この ID 番号は、オプションのインデックス作成に使用され、DHCP サーバー全体で一意にする必要があります。

  • オプションタイプ—以下のタイプのいずれかです。byte, byte-stream, flag, integer, ip-address, short, string, unsigned-integer, unsigned-short.

  • アレイ—オプションには、値の配列を含めることができます。

  • オプション値—オプションに関連づけられた値。オプション値は、オプションタイプと互換性がある必要があります ( OnflagタイプOffの、または値など)。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

次の例は、ユーザーが定義した DHCP オプションを示しています。

DHCP 構成ステートメントと競合するユーザー定義オプションは、サーバーによって無視されます。たとえば、次のような構成では、DHCP サーバーはユーザー定義option 3 routerステートメントを無視し、 router代わりにステートメントを使用します。