Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

信頼されていないパケットの処理を有効にして、オプションの82情報を使用できるようにします。

 

デフォルトでは、DHCP リレーエージェントは、クライアントパケットを giaddr (0) およびオプション 82 情報とともに処理し、信頼できないソースから発信されたパケットであるかのように扱います。この動作を無効にして、DHCP リレーエージェントが DHCP クライアントパケットの処理に 0 (ゼロ) を設定し、オプション 82 情報を含めるように指定できます。

DHCP リレーエージェントを信頼するように設定するにはオプション82情報:

  1. 上書きオプションを設定することを指定します。
  2. DHCP リレーエージェントが DHCP クライアントパケットの処理に0の giaddr を、オプション82情報を含むように指定します。