Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

デフォルトの DHCP リレー構成設定の上書き

 

DHCP リレーのデフォルト設定は、グローバルレベル、インターフェイスの名前付きグループ、または名前付きグループ内の特定のインターフェイスで上書きできます。

  • グローバルなデフォルト DHCP リレーエージェント構成オプションを無効にするoverridesには、ステートメントとその従属[edit forwarding-options dhcp-relay]ステートメントを階層レベルに含めます。

  • インターフェイスの名前付きグループの DHCP リレー構成オプションを上書きするには、 [edit forwarding-options dhcp-relay group group-name]階層レベルでステートメントを追加します。

  • インターフェイスの名前付きグループ内の特定のインターフェイスの DHCP リレー構成オプションを上書きするには、階層[edit forwarding-options dhcp-relay group group-name interface interface-name]レベルのステートメントを追加します。

  • グローバルレベル、グループレベル、またはインターフェイスごとに DHCPv6 リレーの上書きを構成するには、対応するステートメントを[edit forwarding-options dhcp-relay dhcpv6]階層レベルで使用します。

デフォルトの DHCP リレーエージェント構成の設定を上書きするには、次のようにします。

  1. (DHCPv4 および DHCPv6)上書きオプションを設定することを指定します。
    • DHCPv4 の上書き。

      グローバルオーバーライド:

      グループレベルの上書き:

      インターフェイスごとのオーバーライド:

    • DHCPv6 の無効化。

      グローバルオーバーライド:

      グループレベルの上書き:

      インターフェイスごとのオーバーライド:

  2. (DHCPv4 のみ)DHCP リレープロキシモードを有効にします。

    Enabling DHCP Relay Proxy Mode」を参照してください。

  3. (DHCPv4 のみ)Dhcp リレーエージェントが転送する DHCP パケットの giaddr を上書きします。

    Changing the Gateway IP Address (giaddr) Field to the giaddr of the DHCP Relay Agent参照してください。

  4. (DHCPv4 のみ)DHCP リレー要求およびリリースパケットの IP 発信元アドレスをゲートウェイ IP アドレス (giaddr) に置き換えます。

    Replacing the DHCP Relay Request and Release Packet Source Addressを参照してください。

  5. (DHCPv4 のみ)DHCP パケットの DHCP リレーエージェント情報オプション (オプション 82) を無効にします。

    Overriding Option 82 Informationを参照してください。

  6. (DHCPv4 のみ)DHCP 要求パケットのブロードキャストビットの設定を上書きし、レイヤー2ユニキャスト伝送方式を使用します。

    Using Layer 2 Unicast Transmission instead of Broadcast for DHCP Packets参照してください。

  7. (DHCPv4 のみ)Giaddr が0で、オプション82情報を含む DHCP クライアントパケットを信頼します。

    Enable Processing of Untrusted Packets So Option 82 Information Can Be Usedにします。

  8. (DHCPv4 および DHCPv6)インターフェイスごとに許可される DHCP クライアントの最大数を上書きします。

    Specifying the Maximum Number of DHCP Clients Per Interface」を参照してください。

  9. (DHCPv4 のみ)クライアントの自動ログアウトを構成します。

    DHCP Auto Logout Overviewを参照してください。

  10. (DHCPv4 および DHCPv6)インターフェイス上で DHCP snooped クライアントのサポートを有効または無効にします。

    Enabling and Disabling DHCP Snooped Packets Support for DHCP Relay Agent参照してください。

  11. (DHCPv4 および DHCPv6)DHCP クライアントが要求パケットを送信するまで、加入者の認証を遅延させます。

    遅延認証を参照してください。

  12. (DHCPv4 および DHCPv6)クライアントが削除されたときに、解放メッセージを DHCP サーバーに送信します。

    Sending Release Messages When Clients Are Deletedを参照してください。

  13. ナDHCP または DHCPv6 リレーエージェントが、既存のクライアントエントリと一致するクライアント ID を持つ Discover または要請メッセージを受信したときに、既存のクライアントエントリを削除します。

    バインドされDHCP Behavior When Renegotiating While in Bound Stateを参照してください。

  14. (DHCPv6 のみ)新しいクライアントが同じインターフェイスで solicits したときに、自動的に既存のクライアントをログアウトします。

    Automatically Logging Out DHCPv6 Clientsログアウトを参照してください。

  15. (DHCPv4 のみ)特定のインターフェイスで DHCP リレーエージェントを無効にします。

    Disabling DHCP Relay Agent for Interfaces, for Groups, or Globally」を参照してください。

  16. (DHCPv4 および DHCPv6)余分な DHCP 要求の自動バインドを無効にします。

    Disabling Automatic Binding of Stray DHCP Requestsする」を参照してください。

  17. (DHCPv4 および DHCPv6)単一セッションの DHCP デュアルスタックグループを指定された加入者のグループに割り当てます。DHCP デュアルスタックの両方の区間にグループを割り当てる必要があります。

    Configuring Single-Session DHCP Dual-Stack Supportを参照してください。

  18. (オプション、DHCPv4、DHCPv6l)短いリースをクライアントに送信することを指定します。

    Configuring DHCP Asymmetric Leasing」を参照してください。