Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

DHCP オプションにプレフィックスを含める

 

リレーエージェントが DHCP サーバーに送信するパケットに dhcp オプションを含めるように DHCP リレーエージェントを構成した場合、リレーエージェントが DHCP オプションにプレフィックスを追加するように指定できます。以下の DHCP オプションに接頭辞を追加できます。

  • DHCPv4 オプション 82 Agent サーキット ID (suboption 1)

  • DHCPv4 オプション 82 Agent リモート ID (suboption 2)

  • DHCPv6 オプション18リレーエージェントインターフェイス-ID

  • DHCPv6 オプション37リレーエージェントリモート ID

プレフィックスはコロン (:) によって DHCP オプション情報から分離されます。、、、およびhost-namelogical-system-namerouting-instance-nameオプションの任意の組み合わせを含めることができます。DHCP リレーエージェントは、、、およびhost-namelogical-system-namerouting-instance-name以下のように、の値を取得します。

  • このhost-nameオプションを指定した場合、DHCP リレーエージェントは、階層レベルのhost-name[edit system]ステートメントで構成されたデバイスのホスト名を使用します。

  • このlogical-system-nameオプションを指定した場合、DHCP リレーエージェントは、 logical-system[edit logical-system]階層レベルでステートメントに設定された論理システム名を使用します。

  • このrouting-instance-nameオプションを指定した場合、DHCP リレーエージェントは、 routing-instance[edit routing-instances]階層レベルまたは[edit logical-system logical-system-name routing-instances]階層レベルでステートメントとして設定されたルーティングインスタンス名を使用します。

ホスト名および論理システム名とルーティングインスタンス名の両方が接頭辞に含まれている場合、そのホスト名の後ろにはスラッシュ (/) が付きます。プレフィックスに論理システム名とルーティングインスタンス名の両方が含まれている場合、これらの値はセミコロン (;) で区切ります。

次の例は、高速イーサネット (fe) またはギガビットイーサprefixネット (ge) インターフェイスのステートメントを S-vlan で指定するときに、DHCP オプション情報に使用可能ないくつかの形式を示しています。

  • 次の例では、高速イーサネットインターフェイスまたは S-Vlan を使用するギガビットイーサネットインタフェースのプレフィックスにホスト名のみを含めることができます。

  • 論理システム名のみを、高速イーサネットまたは S-Vlan を使用したギガビットイーサネットインターフェイスのプレフィックスに含める場合:

  • Fast Ethernet または S-Vlan を使用したギガビットイーサネットインターフェイスのプレフィックスに、ルーティングインスタンス名のみを含める場合は、以下のようになります。

  • 次に、ホスト名と論理システム名の両方が、高速イーサネットまたは S Vlan を使用するギガビットイーサネットインターフェイスのプレフィックスに含まれている場合:

  • 論理システム名とルーティングインスタンス名の両方が、Fast Ethernet または S-Vlan を使用するギガビットイーサネットインターフェイスのプレフィックスに含まれている場合は、以下のようになります。

  • ホスト名、論理システム名、ルーティングインスタンス名を、高速イーサネットまたは S-Vlan を使用したギガビットイーサネットインターフェイスのプレフィックスに含める場合は、以下のようになります。

Vlan を使用し、S Vlan ではない、高速イーサネットまたはギガビットvlan-idイーサネットインターフェイスの場合、DHCP オプション形式では値のみが表示されます。

DHCPv4オプション82でプレフィックスを設定するには、以下のようにします。

  1. オプション82サポートを構成することを指定します。
  2. エージェントサーキット ID、エージェントのリモート ID、またはその両方を挿入するように DHCP リレーエージェントを構成します。
    • エージェント回線 ID を構成するには、次のようにします。

    • エージェントのリモート ID を設定するには、次のようにします。

  3. オプション82情報に接頭辞が含まれるように指定します。この例では、接頭辞にホスト名と論理システムの名前が含まれています。
    • エージェントのサーキット ID にプレフィックスを含めるには、次のようにします。

    • エージェントのリモート ID にプレフィックスを含めるには、次のようにします。

DHCPv6プレフィックスに DHCPv6 オプション18またはオプション37を使用するには、以下の方法があります。

  1. DHCPv6 リレーエージェントサポートを構成することを指定します。
  2. オプション 18 (リレーエージェントインターフェイス ID)、オプション 37 (リレーエージェントリモート ID)、またはその両方を挿入するよう DHCPv6 リレーエージェントを構成します。
    • オプション18を構成するには、次のようになります。

    • オプション37を設定するには、次のようになります。

  3. オプション情報に接頭辞が含まれるように指定します。この例では、接頭辞にホスト名と論理システムの名前が含まれています。
    • オプション18でプレフィックスを含めるには、次のようにします。

    • プリフィックスにオプション37を含めるには、次のようにします。