Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

拡張 DHCP ローカルサーバーがどのアドレス割り当てプールを使用するかを決定する方法を構成します。

 

拡張 DHCP ローカルサーバーがクライアントデータを使用して、DHCP クライアントの IP アドレスと構成を提供するアドレス割り当てプールを決定する際に、この順序を指定することができます。このpool-match-orderステートメントを使用して、照合順序を指定します。を指定しない場合pool-match-order、ルーター (またはスイッチ) はデフォルトip-address-firstのマッチングを使用してアドレスプールを選択します。DHCP ローカルサーバーは、使用するアドレス割り当てプールを決定した後、プール構成に指定された条件に基づいて、照合を実行します。

デフォルトip-address-firstの照合では、サーバーは、クライアントの DHCP 要求の IP アドレスと割り当てプールのネットワークアドレスを照合することによって、使用するアドレス割り当てプールを選択します。クライアントの要求にゲートウェイ IP アドレス (giaddr) が含まれている場合、ローカルサーバーは、giaddr とアドレス割り当て’プールのアドレスを一致させます。要求に giaddr が含まれていない場合、DHCP ローカルサーバーは、受信インターフェースの IP アドレスをアドレス割り当てプールのアドレスに一致させます。

external-authority一致すると、DHCP ローカルサーバーは、RADIUS や直径など、外部の機関からアドレスの割り当てを受信します。RADIUS が外部の権限である場合、DHCP ローカルサーバーは、フレーム-IPv6 プール属性 (RADIUS 属性 100) を使用してプールを選択します。内径が外部権限である場合、サーバーは、フレームの IPv6 プール属性に対応する直径を使用して、プールを決定します。

IPv4 アドレス割り当てプールでは、必要に応じて、クライアント DHCP パケットの DHCP リレーエージェント情報オプション (オプション 82) をクライアントに使用されるアドレス割り当てプール内の名前付き範囲に一致するように拡張 DHCP ローカルサーバーを構成することができます。名前付き範囲は、アドレス割り当てプールの全アドレス範囲内のサブセットであり、アドレス割り当てプールの作成時に設定できます。

IPv4 アドレス割り当てプールを使用して DHCP ローカルサーバーオプション82マッチング機能を使用するには、そのoption-82ステートメントがアドレス割り当てプールのdhcp-attributesステートメントに含まれていることを確認する必要があります。

拡張 DHCP ローカルサーバーがクライアントに使用するアドレス割り当てプールを決定するために使用する、マッチング順を構成するには、次のようにします。

  1. 構成にpool-match-orderアクセスします。
  2. ルーター (スイッチ) がメソッドを実行している順序で、プールの照合方法を指定します。これらの方法は任意の順序で指定できます。すべての方法は—必須ではありません。 ip-address-firstルーター (スイッチ) は、デフォルトでこの方法を使用します。
    • 外部アドレス機関を使用するようにルーター (スイッチ) を設定します。
    • Ip アドレスから最初の方法を使用するようにルーター (スイッチ) を設定します。
    • (IPv4 アドレス-割り当てプールのみ)オプション82の照合方法を指定します。