Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

IPv6 プレフィックス割り当て用に委任されたアドレスプールを指定する

 

委任されたアドレスプールを明示的に指定できます。

  • ルーター—では、加入者管理はプールを使用して加入者に IPv6 プレフィックスを割り当てます。委任されたアドレスプールをグローバル、特定のインターフェイスグループ、または特定のインターフェイスに対して指定できます。

  • スイッチ—上 dhcp 管理は、dhcp クライアントに IPv6 プレフィックスを割り当てるためにプールを使用します。委任されたアドレスプールをグローバル、特定のインターフェイスグループ、または特定のインターフェイスに対して指定できます。

また、ジュニパーネットワークス VSA 26-161 を使用して、委任されたアドレスプールを指定することもできます。VSA によって指定された値はdelegated-address 、ステートメントよりも常に優先して行われます。

DHCPv6 ローカルサーバー用に委任されたアドレスプールを構成するには、次のようにします。

  1. 上書きオプションを設定することを指定します。
  2. 委任されたアドレスプールを構成します。