Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

拡張 DHCP ローカルサーバー操作をトレースしています

 

拡張 DHCP トレースの運用では、拡張 DHCP ローカルサーバーの運用を追跡し、ログファイルに記録します。デフォルトでは、拡張 DHCP ローカルサーバープロセスはトレースされません。traceoptions階層レベルで[edit system processes dhcp-service]ステートメントを指定した場合、デフォルトのトレース動作は以下のようになります。

  • 重要拡張 DHCP ローカルサーバーイベントは、ディレクトリに置かれjdhcpd/var/logいるファイルに記録されます。

  • ファイルjdhcpdが128キロバイト (kb) に達すると、3 jdhcpd.0つのjdhcpd.1トレースファイルが存在するまで、名前が変更されてから、その後、その後になります。その後、最も古いトレースjdhcpd.2ファイル () が上書きされます。ログファイルの作成方法の詳細については、 Junos システムログメッセージのリファレンス

  • ログファイルには、トレース操作を構成したユーザーしかアクセスできません。

Junos OS 11.4 よりも前のソフトウェアリリースでは[edit system services dhcp-local-server] 、および[edit forwarding-options dhcp-relay]階層レベルでトレースステートメントを設定しました。Junos OS リリース11.4 で開始すると、これらのステートメントは推奨されなくなり、 [edit system processes dhcp-service]階層レベルで新しいステートメントを使用できるようになります。使用されなくなった文は、将来のリリースから削除される可能性があります。新しいステートメントに移行することをお勧めします。

DHCP ローカルサーバーの運用を追跡するにtraceoptionsは、以下[edit system processes dhcp-service]のステートメントを階層レベルに含めます。

以下のトピックでは、運用のトレースの設定ステートメントについて説明します。

拡張 DHCP ローカルサーバープロセスログのファイル名を設定する

デフォルトでは、トレース出力を記録するファイルの名前はjdhcpdです。次のように、 file[edit system processes dhcp-service traceoptions]階層レベルにステートメントを含めることで、別の名前を指定できます。

拡張 DHCP ローカルサーバープロセスの数とサイズの設定ログファイル

デフォルトでは、トレースファイルのサイズが128キロバイト (KB) に達すると、 jdhcpd.03 つjdhcpd.1のトレースファイルが見つかるまで名前が変更され、その後、その後になります。その後、最も古いトレースjdhcpd.2ファイル () が上書きされます。

次のステートメントを[edit system processes dhcp-service traceoptions]階層レベルに含めることで、トレースファイルの数とサイズに制限を設定できます。

たとえば、最大ファイルサイズを 2 MB に、最大ファイル数を20に設定します。追跡操作の出力を受信したファイルjdhcpd() jdhcpdが 2 MB に達すると、名前jdhcpd.0が変更されて新しいjdhcpdファイルが作成されます。jdhcpd新しい 2 MB に達すると、 jdhcpd.0名前がjdhcpd.1変更filenameされjdhcpd.0、名前が変更される。このプロセスは、20個のトレースファイルが見つかるまで繰り返されます。その後、最も古いjdhcpd.19ファイル () が最新のファイルにjdhcpd.0よって上書きされます ()。

ファイル数は、2 ~ 1000 ファイルで指定できます。各ファイルのファイルサイズは、10KB から1ギガバイト (GB) を超えることができます。

ログファイルへのアクセスの構成

デフォルトでは、ログファイルには、トレース操作を構成したユーザーのみがアクセスできます。

すべてのユーザーがすべてのログファイルを読み取ることができるfile world-readableように指定[edit system processes dhcp-service traceoptions]するには、階層レベルのステートメントを追加します。

デフォルトの動作を明示的に設定するfile no-world-readableには、 [edit system processes dhcp-service traceoptions]以下のように階層レベルのステートメントを追加します。

記録される行の正規表現の設定

デフォルトでは、trace 操作の出力には、ログに記録されたイベントに関連するすべての行が含まれます。

出力を絞り込むには、 match[edit system processes dhcp-service traceoptions]階層レベルにステートメントを含め、照合する正規表現 (regex) を指定します。

トレースオプションフラグの設定

デフォルトでは、重要なイベントのみがログに記録されます。拡張 DHCP ローカルサーバートレースフラグを[edit system processes dhcp-service traceoptions]階層レベルに含めることで、ログに記録するトレース操作を設定できます。

以下のトレースフラグを設定できます。

  • all—すべての操作をトレースします。

  • auth—認証操作をトレースします。

  • database—トレースデータベースのイベント。

  • fwd—ファイアウォールプロセスのイベントをトレースします。

  • general—その他のイベントを追跡します。

  • ha—高可用性に関するイベントを追跡します。

  • interface—トレースインターフェイスの運用。

  • io—I/o 操作をトレースします。

  • packet—パケットのデコード操作をトレースします。

  • performance—パフォーマンス測定の運用をトレースします。

  • profile—プロファイル操作をトレースします。

  • rpd—トレースルーティングプロトコルプロセスイベント。

  • rtsock—トレースルーティングソケット操作。

  • session-db—トレースセッションデータベースの運用

  • state—状態の変化を追跡します。

  • statistics—ベースライン統計をトレースします。

  • ui—トレースユーザーインターフェイスの運用